주요 기사 바로가기

アップル、英ホームページでサムスン謝罪文隠しコードを削除

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.09 15:40
0
アップルがサムスン電子に対する謝罪文を隠すためのジャバスクリプトコードを自主的に削除した。

IT専門メディアCNETなどは8日(現地時間)、「アップルが英国ホームページに挿入したジャバスクリプトコードを削除した」と伝えた。

 
アップルは5日、英裁判所の命令に基づき、自社の英国ホームページに「サムスンは自社の特許を侵害していない」という内容の謝罪文を載せたが、これを消費者の目に入らないようホームページの一番下に置いた。またモニターの大きさに関係なく「iPad4」「iPad mini」の広告が画面に大きく出るようジャバスクリプト「リサイズ(Resize)コード」を挿入した。このため、謝罪文を見るためには、ウェブブラウザのスクロールを下げたり、キーボードの「ページダウン」キーを押したりして、ウェプページを一番下まで移動しなければならなかった。

こうした事実は、米ソーシャルニュースサイト「レディット」の使用者が「アップルのホームページにジャバスクリプトコードを書いたようだ」と指摘した後、各国メディアを通じて急速に広まった。その後、アップルの謝罪文掲載方式に対する批判が強まり、これを削除したとみられる。

アップルは先月26日にもサムスンに対する謝罪文を公示した。当時アップルは謝罪文に「サムスンの電子製品はアップルと混同するほど新鮮ではない」という判決内容を入れ、英裁判所から再掲示命令を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP