주요 기사 바로가기

外国人学校入学のため偽装離婚・結婚する韓国の母親

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.07 14:04
0
#ソウル江南(カンナム)に暮らす中堅企業家の夫人オさん(46)は昨年、夫と偽装離婚をした。子どもを外国人学校に入学させるために接触したブローカーが教えた方法だった。現地でエクアドル国籍の外国人と偽装結婚をしたが、国籍の取得はうまくいかなかった。ブローカーはその代わり海外同胞の偽国内居所申告証を渡し、オさんはこれをG外国人学校に提出して子どもを入学させた。

#中堅企業家の夫人ベクさん(36)は子ども3人を米国で遠征出産し、米国市民権者の資格を取得させた。長男と二男は問題なく外国人学校に入学させたが、三男は法律が変わったため親の外国国籍が必要になった。ブローカーに4000万ウォン(約290万円)を支払い、自らグアテマラに行って偽造パスポート(旅券)を受けた。しかしブローカーは「入学を志望している外国人学校がグアテマラ国籍を受け入れてくれない」と説明してきた。ベクさんはやむを得ずホンジュラスのパスポートまで偽造してほしいとブローカーに頼んだ。

#ソウル江南に暮らす医師の夫人イさん(38)は子どもを外国人学校に入学させるため、ブローカーにドミニカ共和国のパスポートを頼んだ。1カ月後、パスポートではなく、カラープリンターで出力したドミニカ共和国のパスポートの写本を受け、外国人学校に提出した。子どもの出生地はドミニカの地方都市と記載されていた。

外国人学校不正入学事件を捜査してきた検察が確認した事例だ。財閥、大企業役員、法曹界、政界など富裕層の保護者がさまざまな手法を動員し、子どもを外国人学校に不正入学させたと、検察は説明した。

偽造旅券の発給を受けるため、現地の担当公務員に賄賂を渡したケースもあった。買収した公務員が出勤せず、現地滞留期間中ずっと待ち続けて旅券を苦労して受け取った親もいた。偽造旅券の取得など子どもの外国人学校不正入学を主導したのはほとんどが母親だったが、企業代表の父親が主導したケースも2件摘発された。

仁川(インチョン)地検は6日、3カ月間にわたる捜査の結果を発表し、36歳の母親Kを私文書偽造などの疑いで拘束、保護者46人を同じ容疑で在宅起訴したと明らかにした。この中にはIグループ会長、Gグループ元会長、Dグループ常務のほか、大企業役員(4人)、中堅企業家(21人)、医師(7人)、法曹人(1人)、元議員(1人)などの夫人も含まれていた。不正入学斡旋ブローカー3人と旅券偽造ブローカー1人の計4人も拘束された。

拘束された母親Kは09年にブルガリア・英国・グアテマラの3カ国の偽造旅券の発給を受け、娘を2つの外国人学校に不正入学・編入させた疑いだ。Kは忠清南道の有力企業家の夫人で、偽物旅券発給のためブローカーに計1億200万ウォンを渡していたことが確認された。Kには捜査過程で証拠隠滅容疑が追加された。在宅起訴された保護者もブローカーに4000万-1億ウォンを支払って旅券を偽造した疑い。

検察の関係者は「ブローカーが受け取る金額は、保護者の財力や身分によって差があった」と説明した。仁川地検のキム・ヒョンジュン外事部長は「社会の指導層のモラルが深刻な水準。こういうものが子どもに相続されないか心配だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP