주요 기사 바로가기

日本スズキ、米国四輪車販売から撤退

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.07 10:53
0
日本の5大自動車製造企業のスズキが米国市場から進出27年で撤退した。激しい販売競争のためだ。日本車企業が販売不振のため米国市場から撤退したのは、06年のダイハツ工業(トヨタ自動車グループ)に続いて2社目。

6日(現地時間)の日本経済新聞によると、スズキ自動車の子会社「アメリカンスズキモーター(ASMC)」は前日、米連邦裁に更生手続きを申請した。米CNNは「ASMC社は今後、米国市場で新モデル発表を中断し、自動車も販売しない」と伝えた。ただ、販売した車の保証とアフターサービスは続けることにした。また二輪車・ATV、ボート用モーターなどは輸出を通じて販売する。

スズキ側は米国の消費者が好むモデル開発の失敗と販売不振、円高による収益性低下を撤退の理由に挙げた。ASMC社は9月30日基準で資産2億3300万ドル、負債3億4600万ドル。スズキは米国から撤退する一方、インドで攻勢を強めることにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP