주요 기사 바로가기

知韓派が掌握した中国の新指導部、韓国の得失は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.07 10:27
0
中国最高指導部の次期党政治局常務委員が知韓派で埋まる見込みだ。今回の第18回党大会で、常務委員の数が9人に維持されても7人に減っても同じだ。有力候補は少なくとも1回以上は韓国を訪問した経験があり、韓国の政治と企業事情に明るいのが特徴だ。

次期国家主席が有力視される習近平副主席は、歴代中国最高指導者の中では韓国に対する理解が最も深いと評価される。習副主席は浙江省共産党委書記だった05年7月、共産党代表団を率いて韓国を初めて訪問し、サムスン・LG・SK・暁星の工場を視察した。09年12月の2度目の訪韓でも慶尚北道を訪問し、韓国自動車部品産業の競争力に大きな関心を見せた。8月末に北京人民大会堂で開かれた韓中国交正常化20周年レセプションでは、李揆亨(イ・ギュヒョン)駐中韓国大使に「アリラン」の意味や韓国サッカーが強くなった秘訣を尋ね、関心を表した。

習副主席は友情と義理を重視することでも有名だ。4月に朴晙ヨン(パク・ジュンヨン)全羅南道知事が北京を訪問し、習副主席を表敬訪問すると、習副主席は長い間の友人に会えたといって歓迎した。習副主席が初めて訪韓した当時、姉妹提携道だった全羅南道の朴知事から歓待を受けたことに対する答礼だった。

次期首相に内定した李克強副首相は南北の現実を最も客観的に眺められる指導者と分析される。李克強副首相は昨年10月、3度目の訪韓の直前、北朝鮮を初めて訪問した後、ソウルに来た。韓国で李克強副首相は経済団体長との昼食に続き、竜仁民俗村を訪問し、各分野での韓国と北朝鮮の違いに驚きを表した。05年に遼寧省党委書記時代に2度目の訪韓をした李克強副首相は、全羅南道光陽のポスコ製鉄所を視察し、関連技術について多くの質問をした。

今後、韓半島問題に影響力を行使すると予想される指導者は張徳江副首相だ。北朝鮮の金日成大学に留学した張徳江副首相は歴代中国最高指導部のうち唯一、韓国語を流ちょうに話す北朝鮮専門家だ。延辺朝鮮族自治州党委書記だった1992年、朝鮮族企業の代表を連れてソウルを訪問したのが唯一の韓国訪問だ。しかし北朝鮮と朝鮮族を通じて韓国への理解が深いと知られている。北京のある外交消息筋は「今後、韓半島問題に関し、張副首相が北朝鮮の立場を代弁する可能性に注目している」と述べた。

劉雲山党宣伝部長は06年に韓国を訪問したが、宣伝部長らしく韓国を代表する報道機関である中央日報とKBS(韓国放送公社)を訪れ、韓国のメディア産業に関心を表した。張高麗天津市党委書記は韓国の先端産業と中小企業を研究した後、中国の代表的な先端産業区の濱海工業区を完成した。

このように知韓派で常務委員会が構成されることに関し、キム・インギュ北京大国際経済学科教授は「韓中の疎通が相対的に円滑だという面では韓国に利益だが、外交的に敏感な問題が発生すれば、韓国の戦略を把握しているため、対中外交がそれだけ難しくなる可能性があり、徹底的な対応が必要だ」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP