주요 기사 바로가기

米大統領選、予想家たちは「オバマ優勢」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.06 12:00
0
米大統領選挙の投票日が近づき、選挙分析専門家の予測争いも過熱している。世論調査結果と候補の勢いなどを総合して結果を占う予想家の見方では、ひとまずオバマ大統領がリードしている。

選挙分析オンラインメディアの「ファイブサーティエイト」の運営者ネイト・シルバー氏は4日、模擬実験を通じオバマ氏の当選確率が85.1%になると明らかにした。1週間前より11.5ポイント上昇した数値だ。「オバマ氏の当選が有力なことは超競合地域であるオハイオでロムニー氏を確実にリードしているため」ということだ。シルバー氏は4年前に50州のうち49州でオバマ氏とマケイン氏の勝敗を当てた人物だ。

オンラインメディアのハフィントンポストで世論調査担当首席エディターを務めるマーク・ブルーメンタルは選挙人団確保競争でオバマ氏が303人を、ロムニー氏が235人を確保しオバマ氏が無難に勝利すると主張した。ワシントンの政治分析紙「クックポリティカルリポート」を発行するチャーリー・クック氏も「オバマ氏がスイングステートでリードしており選挙人団確保競争に絶対的に有利だ」と明らかにした。彼はオバマ氏が安定的に確保した選挙人団は17州(ワシントン含む)201人に対し、ロムニー氏は23州191人と分析した。残り11州の146人を誰が多く獲得するかの戦いだが、このうちフロリダ(選挙人団29人)とコロラド(9人)などを除いた残りの多くの競合州でオバマ氏がリードしており、ロムニー氏が逆転する可能性は低いと予想した。

しかし保守指向の世論分析家スコット・ラスムセン氏は、「ロムニー氏がアイオワで1ポイント、コロラドで3ポイントリードし、ウィスコンシンでは同率となっており誰が当選するかわからない」と話した。

レッドスキンズの法則もロムニー氏の手を上げた。レッドスキンズの法則とは、プロフットボール(NFL)チームのワシントン・レッドスキンズが大統領選挙投票日直前に行ったホームでの試合で敗れた場合に野党候補が当選するというものだ。1940年以後の適中率は実に95%に達するが。レッドスキンズは4日午後メリーランド州フェデックスフィールドで開かれたカロライナ・パンサーズとの試合に13対21で敗れた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP