주요 기사 바로가기

燃費マーケティング展開の現代自、北米での販売に影響か(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.05 09:04
0
「今回の失敗は現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車の評判に損害を負わせることになるだろう」(ウォールストリートジャーナル)

「現代・起亜自動車が評判を復活させるためには長期戦を行わなければならないだろう」(ニューヨークタイムズ)

現代・起亜自動車が燃費を誇張した余波が大きそうだ。北米市場で販売中の2011~2013年型モデル20種のうち「サンタフェ」「スポーテージ」など13種の燃費が誇張されたという米環境保護庁(EPA)の調査に対するものだ。

外信は「深刻な影響が予告される」という内容を報道している。自動車市場調査会社エドマンズドットコムのアナリストはニューヨークタイムズとのインタビューで、「評判がとても重要な自動車業界で今回のことは疑う余地なく現代・起亜自動車に致命打を抱かせた。現代・起亜自動車が燃費マーケティングをできないという点は販売不振につながるだろう」と話した。両社が前面に掲げた最大の武器だった「燃費」を強調できなくなったという話だ。

現代・起亜自動車はガソリン1ガロンで40マイルを走れるという「40MPG」マーケティングを展開した。40MPGは韓国式の燃費ではガソリン1リットル当たり17キロメートルに相当する。現代自動車はこのような広告をし、米ゼネラルモーターズ(GM)とフォードの場合40MPGを達成する車は少ないという点を強調した。こうした点が原油高時代に受け入れられ、米国市場で現代・起亜自動車のシェアは上昇を続けた。2007年に両社合わせて4.8%にすぎなかったシェアは最近その2倍を超える10%に至っている。しかし今回の燃費誇張によりこれ以上こうした形のマーケティングを行うのが難しくなっただけに、北米地域の販売成長は以前と同様ではないだろうというのが現地メディアの分析だ。
燃費マーケティング展開の現代自、北米での販売に影響か(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    燃費マーケティング展開の現代自、北米での販売に影響か(1)

    2012.11.05 09:04
    뉴스 메뉴 보기
    米国の中心地ニューヨークのタイムズスクエアに広告(右)をしながら米国市場でのシェアを拡大した現代自動車が燃費誇張という問題にぶつかった。左は現代「アバンテ」(米国名・エラントラ)の燃費が誇張されたという内容を盛り込んだ米消費者団体コンシューマーウォッチドッグのユーチューブ動画。
    TOP