주요 기사 바로가기

野田首相、独島・尖閣問題の言及避ける…韓中を刺激しない狙いか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.31 08:43
0
29日、野田佳彦首相の臨時国会開幕所信表明演説で独島(ドクト、日本名竹島)と尖閣諸島(中国名釣魚島)関連の言及を避けた。

野田首相はこの演説で「日本を取り囲んだ安全保障環境が前例になく厳酷になっている」として「領土と領海を守るという国家本来の責務を国際法により不退転の決意で果たす」と述べた。これは当然中国との尖閣葛藤、韓国との独島葛藤を念頭に置いたわけだが「尖閣」や「竹島」という具体的紛争地域は取り上げて論じなかった。今年9月末、国連総会演説当時も野田首相は「領土紛争は法で解決しなければならない」と主張したが、具体的な紛争地域には言及しなかった。しかし、日本国民を相手にした演説で関連言及が抜けたのは異例だと日本のメディアは指摘した。

朝日新聞は「野田首相が側近に『大局的観点で扱って個別的で具体的な内容は触れるな』と指示した」として「韓国と中国両国を無駄に刺激しないという意図」だと分析した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP