주요 기사 바로가기

大韓サッカー協会長「独島パフォーマンスへの過度な関心にFIFA側が負担」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.10.24 18:07
0
趙重衍(チョ・ジュンヨン)大韓サッカー協会会長が24日、スイス訪問日程を終えて帰国した。

趙会長は17日にイラン・テヘランで韓国-イランのブラジルワールドカップ(W杯)最終予選第4戦を観戦した後、国際サッカー連盟(FIFA)本部があるスイスに移動した。 趙会長はスイスに滞在しながらFIFAの関係者に会い、朴種佑(パク・ジョンウ)の“独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス”に関する大韓サッカー協会の立場を伝え、議論したと伝えられた。

趙会長は帰国後、「容易に処理できる件に対して、外国メディアまでが大きな関心を見せているため、FIFA側が負担を感じているようだ」と述べた。 続いて「FIFAの関係者と2回ミーティングをした。 実務関係者に会い、朴種佑の独島パフォーマンスがうまく解決するよう努力した」と説明した。

趙会長は「国内外でこの問題に大きな関心が集まっているため、FIFA側も容易に決定できず、追加資料を要求する状況になった。 来月開かれる懲戒委員会でこの問題が論議されるとみられる」と述べた。

FIFAが18日に大韓サッカー協会に送った公文についても簡単に話した。 趙会長は「公文にFIFAとIOCの規定が明示されていた。 これはFIFAもその基準で準備しているという意味だ。 それに基づいて懲戒を決めるということではない。 実務的な検討を経て、追加の資料を27日までに提出するよう準備する」と話した。

一方、趙会長は次期サッカー協会会長不出馬宣言に関し、来週ごろ記者会見を開いて立場を明らかにする予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓サッカー協会長「独島パフォーマンスへの過度な関心にFIFA側が負担」

    2012.10.24 18:07
    뉴스 메뉴 보기
    趙重衍(チョ・ジュンヨン)大韓サッカー協会会長
    TOP