주요 기사 바로가기

<サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、懲戒延期にも淡々

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.10.19 11:55
0
「どうすることもできない。待つしかない。サッカーに集中する」。

イラン遠征を終えた朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山アイパーク)が18日午後、仁川(インチョン)空港に到着した。朴種佑は17日、イラン戦でAマッチデビューしたが、チームは0-1で敗れた。朴種佑はやや悔やしそうな表情で入国ゲートに姿を現した。

この日、FIFA(国際サッカー連盟)は朴種佑に対する懲戒決定を延期した。FIFA法務局は「すでに提出した主張のほかに、追加で協会および選手の立場など提出するものがあれば27日までに提出してほしい」と大韓サッカー協会に通知した。この話を聞いたという朴種佑は「どうしようもない。サッカーに集中する」と淡々と語った。

--敗れはしたが、よく頑張った。

「本当に残念だ。よく準備をしたのに結果が惜しまれる」

--デビュー戦だったが、緊張した感じはなかった。

「思ったよりもリラックスして試合に臨めた。奇誠庸(キ・ソンヨン)先輩、朴主永(パク・チュヨン)先輩、尹錫栄(ユン・ソクヨン)、金甫ギョン(キム・ボギョン)はオリンピック(五輪)チームで一緒にプレーした。それでシナジー効果が出たようだ。さらに自信がついた」

--守備でより多くの役割を果たした。

「奇誠庸先輩とプレーする時、元々していた役割なので難しい点はなかった。また後方で郭泰輝(クァク・テフィ)先輩がコントロールしてくれたのでうまくいった」

--イランのスタジアムの雰囲気は。

「本当にこういう国もあるんだなと思った。10万人の観客も大変なものだった。イランでA代表のデビュー戦を行うのも、普通ではできない経験だと思った。今後いつかまた10万人の観客の前でプレーすることがあるだろうか」

--デビュー戦で敗れたのは残念だ。

「五輪代表チームからスタートし、私が太極マークを付けてプレーした試合では、一度も負けたことがなかった。五輪で0-3で敗れたブラジル戦は出ていなかった。自分なりに良いジンクスだと思っていたが、負けたのは本当に惜しい」

--FIFAがロンドン五輪での“独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス”に対する懲戒をまた延期した。

「どうすることもできない。待つしかない。サッカーに集中する。釜山は来週水曜日(24日)に浦項戦を行うが、コンディションを整えてファンに良い試合を見せたい」

--FIFAが追加で選手の立場を提出するよう伝えてきた。まだ言うべきことはあるのか。

「どうだろうか。分からない。まだ特に話はない」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、懲戒延期にも淡々

    2012.10.19 11:55
    뉴스 메뉴 보기
    朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山アイパーク)。
    TOP