주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の“国際的”企業の不親切な名前(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.18 16:40
0
各界の人事発令内容をまとめている途中、手をとめた。 「K-Water」という馴染みのない名前のためだ。 しばらくして伝えられた内容をみて「韓国水資源公社」ということを確認した。 中央日報は人事消息を、公企業・大学・メディア・社会団体などは中央政府や地方自治体とともに「サラム(=人)サラム」面で、民間企業は経済面で紹介している。 「サラムサラム」面の担当記者に機関の正確な名称を確認するのは当然のことで、特に難しいことではない。

しかし消費者の立場では話が変わる。 分かるような分からないような名前がかなり増えている。 中でもまだよく知られているLH、SH、aTを例に挙げてみよう。 それぞれ韓国土地住宅公社、ソウル市都市開発公社、韓国農水産食品流通公社だ。 韓国語では名前を聞くだけで何をしているところか推測できるものを、英文、それも略字にしているため、全く分からなくなっている。 このうちソウル市都市開発公社は「SH公社」が正式名称となっている。 かつて急激に増えた外国語のマンション名について、「姑が探して来られないように難しい名前にした」という笑い話があった。 KEPCO(韓国電力公社)の電気を使い、KORAIL(韓国鉄道公社)のKTXに乗るのも、似た疲労感を感じる。
【コラム】韓国の“国際的”企業の不親切な名前(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP