주요 기사 바로가기

マルハン会長「韓国への投資はカンボジアより難しい」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.18 11:43
0
「カンボジアより韓国に投資するほうが難しい」。

17日にソウルのCOEXで会った日本のマルハングループの韓昌祐(ハン・チャンウ)会長の言葉だ。手を入れるべきところがとても多い韓国の投資関連規定ためとのことだ。韓会長は「母国に投資をしようとお金を持ってきても使うのがとても難しい」と話した。韓会長は現在世界韓商大会参加のため訪韓中だ。昨年2兆790億円の売り上げを記録したマルハンは日本最大のパチンコ会社だ。日本国内の店舗数は3月基準で273に上る。韓会長の個人資産は3月現在31億ドルで、米国経済専門誌フォーブスが挙げた日本の富豪ランキングで8位、世界ランキングで367位だ。

韓会長は最近日本で積み上げた富を基に仁川・永宗島(インチョン・ヨンジョンド)しゅんせつ土投棄場に1兆1180億ウォン(約800億円)を投資し、2018年までに315万平方メートル規模の総合ビジネス・観光レジャー団地「韓商ドリームアイランド」を建設するという計画を明らかにした。韓会長はしかし、「韓国に外国人投資促進法があるというが、実際には公務員たちから『ひとまず関連規定から検討しなければならない』という答を受けることがとても多い」と吐露した。

韓会長の海外投資は初めてではない。2008年には日系企業で初めてカンボジアに商業銀行を開いたのが韓会長だ。韓会長は「韓国よりはるかに発展が遅いカンボジアに行ったが、銀行を設立するのに1年もかからなかったし、昨年からは利益を出している」と話した。ラオスでも現地の銀行業進出に必要な許可をすでに受けており来年3月から銀行営業を開始する計画だ。
マルハン会長「韓国への投資はカンボジアより難しい」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    マルハン会長「韓国への投資はカンボジアより難しい」(1)

    2012.10.18 11:43
    뉴스 메뉴 보기
    マルハングループの韓昌祐会長が仁川・永宗島に建てる観光レジャー団地造成計画について説明している。団地には韓国会長と同胞企業家がともに投資する(写真=在外同胞財団)。
    TOP