주요 기사 바로가기

ワタナベ夫人、ロシア・ルーブル債券に注目(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.17 17:01
0
「ワタナベ夫人」(日本人個人投資家)の好みが多様化している。 ブラジル・レアルに続き、トルコ・リラに注がれた視線が、最近はロシア・ルーブルに向かっている。

16日の英フィナンシャルタイムズ(FT)によると、7-9半期の「売り出し債」販売高のうち、ルーブル建て海外債券が3番目に多かった。 売り出し債は少額外貨債券で、主に機関投資家を相手にしたサムライ債とは違い、ワタナベ夫人が主な販売対象だ。ルーブル債券は最近、ブラジル債券、トルコ債券に続き、3番目に多くの資金が集まっている。 累積額で見ると、2010年以降にワタナベ夫人が最も魅力的な投資先と見なしてきた豪ドル・米ドル建て債券に比べてまだ少ない。 しかしFTはバークレイズ東京の山本雅文チーフFXストラテジストの言葉を引用し、「ルーブルが新たな人気通貨になる可能性が高い」と報じた。

専門家はこれを「世界各国の金利と通貨価値が急変することに基づく現象」と分析している。 グローバル金利水準と通貨価値を比較したところ、ロシア債券が魅力的な投資対象に浮上したということだ。

ワタナベ夫人の海外投資は2000年代以降に本格化した。 日本が事実上のゼロ金利になると、日本円を借りて他国に投資する「円キャリートレード」が有力な投資手段に浮上したのだ。 日本投信協会によると、03年以降、ワタナベ夫人の海外債券収益率(豪州・米国・スウェーデンなど国債収益率平均)は日本株式はもちろん、日本国債券投資より高かった。 こうした結果の理由の一つは、ワタナベ夫人が絶えず新しい市場を発掘したためだ。 ルーブル債券に注がれる人気もこうした脈絡で見る必要があるという。

サムスン証券投資コンサルティングチームのイム・ビョンホ研究員は「ワタナベ夫人がその間投資してきたスウェーデン海外債券やブラジル債券の収益率が落ち、魅力を失っている」とし「相対的に金利が高く、通貨が値上がり傾向にあるロシアやトルコに関心を見せている」と述べた。
ワタナベ夫人、ロシア・ルーブル債券に注目(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP