주요 기사 바로가기

中国船員の死につながったゴム弾の威力は…

ⓒ 中央日報日本語版2012.10.17 14:35
0
16日、全南木浦海洋警察が違法操業中の中国漁船を取り締まる過程で、海洋警察が発射した非殺傷用ゴム弾に当たった中国船員(44)が死亡した。

17日の韓国メディアによると、中国船員の死につながった推定されるゴム弾は米国産「40ミリ圧縮スポンジ衝撃弾」。このゴム弾は直径4センチほどの卓球ボールほどの大きさで、重さは約60グラム。 有効射程距離は3-30メートルほどで、海洋警察は8-10メートルの距離で使用するよう内部指針を定めているという。

発射器には6発を充填し、4秒以内に自動射撃が可能だ。 取り締まり当時、海洋警察は5発のゴム弾を発射し、このうち1発に中国船員が当たったと伝えられた。

一方、木浦海洋警察署は漁船に乗った中国船員23人を相手に正確な事故の経緯を調べている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP