주요 기사 바로가기

<サッカー>元QPRのクックが苦言…「朴智星、マンU時代とは違う」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.10.12 17:48
0
元クイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)MFのリー・クック(レイトン・オリエント)が朴智星(パク・チソン、31、QPR)に苦言を呈した。

英日刊紙ザ・サンの電子版は11日(日本時間)、昨シーズンまでQPRでプレーしたクックが「QPRの主将・朴智星(パク・チソン)はマンU時代ほど熱心にプレーしていない」と非難した、と伝えた。 この夏、マーク・フューズQPR監督は250万ポンド(約44億ウォン)を投じて朴智星(パク・チソン)、エステバン・グラネロ、ジュリオ・セーザルら有名選手を獲得した。

このためクックなど数人の選手は他のチームに移るしかなかった。 クックは2002年から2012年まで2シーズンを除いた8シーズン、300試合以上をQPRでプレーした。

クックはまだ一勝も挙げられず最下位にとどまっているQPRの成績と関連し、「私はこれまでマンU時代の朴智星のプレーを見てきた。 彼はいつも頑張ってプレーしていた。 しかし私の考えでは、朴智星は今、マンU時代ほど熱心にプレーしていないように見える」と話した。

また「私が知っているかぎり、選手のうち数人は勝利よりも給与のことを考えてプレーしている。 シーズンの半分が過ぎれば、これが真実かどうか分かるだろう」と述べ、朴智星をはじめ、巨額の年俸を受けている選手に向けたような発言をした。

QPRは現在、5敗2分けの勝ち点2点で、イングランドプレミアリーグ最下位。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>元QPRのクックが苦言…「朴智星、マンU時代とは違う」

    2012.10.12 17:48
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31、QPR)。
    TOP