주요 기사 바로가기

ノーベル化学賞受賞者の裏に…韓国人の隠れた汗(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.12 09:19
0
◆漢陽大ナノ生命工学科のチェ・ピルソク教授

「他の人がしていないことを研究し、不可能だという考えを捨てて最後まで遣り通す。実験の現場を守る。弟子の利益を先に考える」。

漢陽大ナノ生命工学科のチェ・ピルソク教授(39)が記憶する今年のノーベル化学賞共同受賞者ブライアン・コビルカ教授(57、米スタンフォード大医大)の研究姿勢だ。

チェ教授は06年3月から昨年2月までウィスコンシン大でポストドクターとしてコビルカ教授と共同研究をした。その3年間、チェ教授はコビルカ教授の共著者としてネイチャーに今回のノーベル賞受賞業績に関する論文5件を発表し、特許も2件出願した。

--コビルカ教授はどういう人物か。

「執念の科学者だ。Gたんぱく質共役受容体の結晶を得て構造を明らかにするまで約3年ほどがかかった。それほどの時間を投資して成果が出なければ他のテーマに変えるものだが、コビルカ教授はあきらめなかった。今でも大学院生ら研究チームと一緒に実験室にいる。弟子の利益を優先する科学者として評判がよい」

--どういう経緯で共同研究をすることになったのか。

「Gたんぱく質共役受容体の結晶構造を明らかにするには、まず細胞膜から取り出したその受容体が水に溶けた後、結晶が作られるまで待つことになる。必要な1カ月間、その構造は保全されなければならない。私が開発した物質がその役割をする。ウィスコンシン大の私の指導教授がコビルカ教授を紹介し、コビルカ教授に私がその物質を大量に合成して供給した」

チェ教授は「韓国の国家研究費支援規模もかなり増え、こうした研究ができる条件もある程度整っている」とし「優秀な人材を育てて研究費を支援すれば、ノーベル化学賞を受賞するレベルの研究成果も出てくるだろう」と展望した。
ノーベル化学賞受賞者の裏に…韓国人の隠れた汗(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ノーベル化学賞受賞者の裏に…韓国人の隠れた汗(1)

    2012.10.12 09:19
    뉴스 메뉴 보기
    コビルカ米スタンフォード大教授と3年間共同研究をした漢陽大のチェ・ピルソク教授(写真=漢陽大)。
    TOP