주요 기사 바로가기

F1ドライバー、アジアは日本人・インド人だけ…韓国人はいつ登場?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.10 18:17
0
F1コリアグランプリが12日から3日間、全羅南道霊岩(ヨンアム)で開催される。 韓国でのF1開催は今回で3度目となる。 しかし残念ながら韓国人ドライバーはまだいない。 24人のドライバーのうち16人が欧州出身だ。 幸い、アジア出身のドライバーもいる。 残り8人のうち小林可夢偉(26、日本、ザウバー)とナレイン・カーティケヤン(35、インド、HRT)の2人がアジア出身だ。

小林は09年、ザウバーチームの3人目のドライバーとしてF1に入門した。 小林はデビュー2戦目の09年アブダビGPで6位に入り、世界を驚かせた。 2010年からレギュラードライバーとして活躍している小林は、今季第10戦のドイツGPで4位に入賞した。 SBS ESPNのユン・ジェス解説委員は「攻撃的なスタイルで急速に成長しているドライバー。まだ若いので将来が期待される」と評価した。 インド出身のカーティケヤンは05年にF1にデビューし、昨年からHRT所属のドライバーとして活躍している。 

特に日本はアジアでF1強国だ。 1975年に鮒子田寛が最初の日本人F1ドライバーとして活躍して以来、20人を超えるドライバーを輩出している。 インド人ドライバーには、カーティケヤンのほか、カルン・チャンドック(28)がいる。 国家的な支援、スポンサーなどの投資で始まった。 最近は中国がF1ドライバーの育成に大きな関心を見せている。 マ・チンホァ(26)がHRTチームのドライバー育成プログラムに参加している。

韓国でも最近、有望ドライバーが出始めている。 ソ・ジュウォン(17)は昨年のコリアカートチャンピオンシップで2勝をマークした。 また、アジアフォーミュラ大会のJKレーシングアジアシリーズで韓国人ドライバー史上最年少出場記録を持つ。 韓国人で初めてF2に進出したムン・ソンハク(21、成均館大)も1、2年以内のF1進出を目指している。 ユン・ジェス委員は「F1グランプリを開催する国にふさわしく、今はもうドライバーも出てくる時期になった。 企業の投資と関心が必要だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    F1ドライバー、アジアは日本人・インド人だけ…韓国人はいつ登場?

    2012.10.10 18:17
    뉴스 메뉴 보기
    小林可夢偉(左)とナレイン・カーティケヤン(右)。
    TOP