주요 기사 바로가기

F1コリア、12日開幕…マシンの秘密

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.10 15:54
0
F1のレース用の車両はマシン(Machine)と呼ばれる。 ドライバー1人だけが乗るこのマシンは、現代の自動車科学の集合体だ。 国際自動車連盟(FIA)が毎年出す規定と制約に合わせて、F1の各チームはマシンの開発に情熱を注ぐ。 最高時速350キロを超えるF1マシンには、一般自動車には見られない5つの秘密が隠れている。 世界最高のスピード祭典「F1コリアグランプリ」が12日から3日間、全羅南道霊岩(ヨンアム)コリアインターナショナルサーキットで開始される。

◇エンジン音の秘密は?=F1マシンは8気筒2400cc級のエンジンを使用する。 これは一般中型車と同じだ。 しかし750馬力の出力を誇り、普通の自動車エンジンの4倍以上のパワーを出す。 エンジン回転速度(rpm)は1分当たり1万8000rpmまで上がる。 1分間にピストンが1万8000回動くということだ。 このため音は大きくなる。

◇1台100億ウォン?=公式的に決められた価格はないが、F1マシンは1台100億ウォン(約7億円)程度と推算される。 このうちエンジンは約4億5000万ウォンで、最高級車両の価格より高い。 ステアリングホイール(ハンドル)も3000万ウォンを超える。

◇一般中型車より軽い?=最低重量は640キロ。 これは中型乗用車の3分の1。 特に炭素繊維素材の車体は30キロにしかならない。 炭素繊維は髪の毛の太さの5分の1程度と細いが、鉄の1000倍も強く、摂氏1000度にも耐えられる。

◇タイヤにも種類がある?=F1に使うタイヤは計6種類。 スーパーソフト・ソフト・ミディアム・ハードなどの一般タイヤとフルウェット・インターミディエイトの雨用タイヤに分けられる。 タイヤは色で区別し、1時間半に約300キロを走行する過程で2、3回ほど交換する。

◇ハンドルにも特別な機能?=F1マシンのステアリングホイールにはギア段数・ラップタイム・rpmなどを表示する装置があり、ドライバーが速かに操作できる他の機能も搭載されている。 安定したレースができるように制御するスイッチ、ウイングを調節するスイッチ、点灯装置などもある。 飲料水ボタンもある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP