주요 기사 바로가기

“1台100億ウォン”特級輸送作戦始まる…F1コリア迫る

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.10.09 18:00
0
F1コリアグランプリの開催が3日後に迫った中、全羅南道霊岩(チョンラナムド・ヨンアム)コリアインターナショナルサーキット(KIC)には、チーム別に装備が搬入され始めている。 F1コリア開幕ムードも少しずつ形成されている。

日本グランプリで優勝したセバスチャン・ベッテルが所属するレッドブルをはじめ、マクラーレン、フェラーリなどチーム別の一部の装備は一般航空便で輸送された。。 エンジン、マシン、交換用タイヤなどは8日、チャーター機6機(約630トン)で仁川国際空港に輸送された。 仁川空港に到着したマシンと各種装備は25トンのトレーラーと11トンのトラックで運送される。安全な運送のために5-6台単位で配車し、護衛車両が引率する。 まさに特級輸送作戦だ。

F1組織委員会も忙しくなっている。 サーキット内の各種施設の清掃と防疫、施設安全点検を実施している。 組織委の関係者は「搬入装備の物流保護と施設警備のため、専門警備要員をレース場の要所に配置し、安全管理に尽くしている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “1台100億ウォン”特級輸送作戦始まる…F1コリア迫る

    2012.10.09 18:00
    뉴스 메뉴 보기
    F1コリアグランプリの開催が3日後に迫った中、全羅南道霊岩(チョンラナムド・ヨンアム)コリアインターナショナルサーキット(KIC)には、チーム別に装備が搬入され始めている。
    TOP