주요 기사 바로가기

北朝鮮「米国本土は射程圏」威嚇…韓国ミサイル延長に反発

ⓒ 中央日報日本語版2012.10.09 16:27
0
最近、韓米両国がミサイル指針を改定し、韓国軍の弾道ミサイルの射程距離を延長することで合意したことに対し、北朝鮮が強く反発した。

朝鮮中央放送、平壌(ピョンヤン)放送など北朝鮮メディアは、国防委員会報道官の声明を通じて、「今回のミサイル政策宣言は朝鮮半島情勢を極限に向かわせ、北侵戦争の導火線に火をつけようというものだ」と報道した。また「朝鮮軍隊は米国本土まで命中打撃圏に入れていて、核には核で、ミサイルにはミサイルで対応する、あらゆる準備ができている」と威嚇した。

韓米両国は最近、300キロに制限されていた韓国軍の弾道ミサイルの射程距離を800キロに延長することに合意した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP