주요 기사 바로가기

北朝鮮、NLL侵犯背後に権力闘争?…西海での挑発が突破口か(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.24 09:03
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制内部での権力対立の兆しが韓国当局に捉えられた。韓国政府当局者は23日、「労働党と軍部の各派閥が闘争を激しく行っている情況が現われている。金正恩政権が表面上は安定化の道に入り込んだように見えるが、内部は非常に複雑な状況だ」と話した。

こうした動きは7月に李英鎬(イ・ヨンホ)軍総参謀長の電撃粛清後さらに露骨な様相を帯びているという。金正恩第1書記は最近軍部の主な外貨稼ぎ事業を労働党と内閣に移管させ、軍部の力を弱めさせた。李英鎬解任もこうした背景のためと把握されている。

当局者は、「李英鎬解任で空席になった党政治局常務委員をはじめとする最高位ポストを確保しようとする競争も激しいとみられる」と話した。特に「25日の最高人民会議を控え組織・人事問題と関連したあつれきは尋常でない水準だ」と付け加えた。北朝鮮は通常4月に1回通常国会に当たる最高人民会議を開くが、今年は9月に再度開催すると明らかにしておりその背景に関心が集まっている。

別の当局者も、「平壌(ピョンヤン)内部で権力闘争とみられる対立が現れているものと把握している」と話した。12日に北朝鮮が小麦粉1万トンなど100億ウォン相当の水害支援物資を拒否する過程で、労働党・内閣と軍部の間に対南路線をめぐるあつれきがあったということだ。今月初めに統一教会の文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁が死去した際も北朝鮮軍部と対南機関は弔問団派遣をめぐり深刻に対立したと当局者は伝えた。党統一戦線部では金養建(キム・ヤンゴン)統一戦線部長を団長とする高位弔問団派遣を望んだという。昨年12月の金正日(キム・ジョンイル)死去時に文総裁が弔問団を送ったことに対し息子である金正恩がこたえるのが望ましいという論理だったという。だが、軍部は李明博(イ・ミョンバク)政権との対立局面を挙げて反対し結局実現しなかった。
北朝鮮、NLL侵犯背後に権力闘争?…西海での挑発が突破口か(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP