주요 기사 바로가기

【コラム】紅白歌合戦とK-POP

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.21 10:17
0
今週、韓国インターネットでは日本のNHKが今年年末の音楽番組「放送紅白歌合戦(以下、紅白)に韓国歌手を出場させないという方針を立てたことが報じられた。独島(ドクト、日本名竹島)問題などに対する日本人の反感が理由だ。だが、報道で引用した夕刊フジの記事を詳しく読んでみるとNHKの立場はまだ明らかになっていない。「李明博(イ・ミョンバク)大統領が天皇に謝罪を要求した発言の影響が大きい。(韓国では)『独島は韓国のもの』と声を高めて言うバカな韓流タレントが多い」と話して問題になった人は匿名プロダクション幹部だ。冷え込んだ韓日関係を利用した“フィッシング記事”と言ってもいい。

しかしこのような推測が出てきたという事実だけでも、現在の韓日関係がどれほど良くないのかを実感することができる。60年以上の歴史を持つ紅白はその一年間、日本人に愛された歌手が総出動する象徴的な舞台だ。2002年「K-POP韓流1号」BoA(ボア)の出場以来、約10年間ほとんど毎年韓国歌手が出演した。2010年出演者リストにK-POP歌手が外されるとすぐにファンの激しい抗議が続き、昨年は東方神起とKARA(カラ)、少女時代までなんと3チームが招待された。

外交関係悪化が及ぼした影響を差し引いても日本でのK-POP熱風は今年に入って一段と弱まった。今月5日付の朝日新聞によればK-POPグループのデビューアルバム発売週の販売量は昨年の約3万7000枚から今年は約1万8000枚で、半分近く減った。だが、このような傾向とは別に東方神起が7月に日本で発表したシングル『アンドロイド』が外国歌手シングル最多販売量記録を立てるなど、K-POPトップランナーの人気は堅固だ。週刊誌「女性セブン」の調査によれば外交関係悪化後、韓流ファンの約10%だけが「韓流ファンを辞める」と答えたという。

政治と文化は別個に扱わなければならないと言う人もいるが、実際二つは別個になれない。両国の政治的葛藤は当然、文化受けいれにも影響を及ぼす。 だが、緊張と摩擦を繰り返してきたし、今後も繰り返していくことが明らかな韓日関係で文化交流だけは最小限の友好的領域として保護しなければならない必要があるのではないだろうか。このごろ中国人の反日感情のために中国に住む日本人が言葉の最後に「ハムニダ(韓国語で“します”を意味)」を付けて韓国人の振りをするというニュースも出ている。ヨーロッパ旅行で地下鉄のキップの買い方がわからなくて“迷惑女”になってしまった時、「スミマセン」といいながら日本人の振りをした経験は自分にもある。とにかく危機状況ではこのように互いに境遇(?)を背負って生きなければならない関係ではないのか。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】紅白歌合戦とK-POP

    2012.09.21 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    東方神起。
    TOP