주요 기사 바로가기

韓国国防部長官「韓日軍事情報協定、必要なら改めて推進」

ⓒ 中央日報日本語版2012.09.07 17:33
0
金寛鎮(キム・グァンジン)韓国国防部長官が韓日情報保護協定に関し、「国民の理解と必要性があれば改めて推進する計画」と明らかにしたと、韓国メディアが7日報じた。

報道によると、金長官は7日午前、国会外交・統一・安保分野の対政府質問で、「国家安保レベルで協定を推進したが、当時は国民の理解を十分に得られなかった」とし、このように述べた。

しかし金長官は「当分は再推進を議論する段階ではないと評価している」とし「まだ国民的な理解を得られていない考える」と説明した。

一方、独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練に海兵隊が参加しないことになった点については、「民間勢力による独島上陸という点に合わせるため、海洋警察を主導勢力にした。 このシナリオに基づいて海兵隊の上陸は排除した」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP