주요 기사 바로가기

【寄稿】分裂を治癒してこそ外国の牽制に勝つ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.01 11:53
0
ロンドン夏季オリンピック(五輪)で韓国の若者が出した成果は国民を幸せにした。K-POPをはじめ、若者が文化で成し遂げた成果も私たちを喜ばせる。五輪や韓流ではなくとも、大韓民国は昨日の大韓民国でない。かつて西欧の比較優位論者は韓国で鉄鋼・自動車・半導体産業は難しいと言った。しかし韓国の電子製品や自動車は世界の家庭や道路にあふれている。最近は格付け機関ムーディーズが韓国の国債をA1からAa3に格上げした。世界2、3位の経済国である中国・日本と同じ格付けだ。

実際、地理上の発見があった15世紀以降、韓国ほど劣悪な状況からこれほど短期間に産業化と民主化を定着させた国は探せないだろう。韓国民は自負心を抱く資格が十分にある。

しかし韓国の成長に対して牽制はすでに始まった。力が弱まっている日本は東アジアの過去の秩序にこだわって足を掛けたりする。米国のサムスン電子-アップル訴訟の評決もこれと無関係ではないだろう。いま他国は猜疑と嫉妬の感情で、自分たちの雇用を守るために韓国を牽制しようとしている。世界経済が回復しない限り牽制は続くだろう。

私たちは牽制の中でも安定と成長を持続し、全体的によい暮らしをする社会をつくらなければならない。二極化、雇用のない成長、高齢化問題などについても真剣に悩まなければならない。こうした問題が生む分裂を治癒するために、国民的統合によりいっそう努力しなければならないだろう。また世界問題に対し、よりいっそう関心を持って寄与する必要がある。歴史的に、価値をつくり出した国がより長く先進国の位置を維持することができたからだ。

サムスン経済研究所研究パク・ボンスン専門委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP