주요 기사 바로가기

<サッカー>U-20女子W杯、宿命の韓日戦…伏兵に注意

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.30 14:55
0
また韓日戦だ。 国際サッカー連盟(FIFA)U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)準々決勝に進出した韓国は30日午後7時30分、東京国立競技場で日本と対戦する。

ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー銅メダル決定戦で韓国に敗れ、4位で大会を終えた日本は、今度は必ず勝つと意気込んでいる。 しかし韓国は2010年U-17(17歳以下)女子W杯決勝で日本と対決し、3-3で引き分けた後、PK戦を5-4で制して優勝している。 今回の対戦は日本のホームで行われるため万全の準備が必要だ。

要注意選手は今大会4ゴール2アシストのエース田中陽子(19)。 今大会で日本のシンデレラに浮上した西川明花(20)も注意が必要だ。 2月に日本U-20代表に初めて選ばれた西川は26日のスイス戦に交代で出場し、初ゴールを決めた。

スポニチアネックスはFW西川が韓国戦に先発出場する可能性が高いと報じた。 日本チームの吉田弘監督は「西川はシュート力があり、常にゴールを狙える選手」と称賛し、「コンディションがよいので積極的に起用したい」と述べた。

西川は勝利への意欲も強い。 スポニチアネックスは「西川が国際大会で初めて行う宿敵(韓国)との対決で必ず勝つと誓った」と伝えた。 西川は「守備で引いてきたら動き出しのタイミングで相手をかわしたい。負けられない気持ちが前に出る試合になるだろう」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP