주요 기사 바로가기

韓国のスーパーリッチ、海外口座は日本を好む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.29 11:22
0
これまで隠されていたスーパーリッチの海外資産の一部が明らかになった。国税庁が28日に明らかにしたところによると、6月に海外金融口座申告を受けた結果個人302人が総額2兆1000億ウォン(約1454億円)を申告した。この1年間に10億ウォン以上になる海外金融口座(積立金や上場株式)を保有したと自主申告したケースだ。昨年より申告者数は43.1%、申告金額は115%急増した。

自主申告した302人の中には大企業オーナーや芸能人などの著名人が多かったというのが国税庁の説明だ。このうち半分ほどは20億ウォン以下の金額を申告したが、多い場合は数百億ウォン台の金融口座を申告した。

彼らは主に米国(144人)、香港(36人)、日本(34人)に金融口座を持っていた。申告人数とは違い国別の金額では日本が9188億ウォンで最も多かった。日本企業の株式を大量保有した申告者がいたためだ。なかなか表に出なかったスイス銀行の口座も一部が明らかになった。昨年のスイスの口座の申告金額は73億ウォンだったが今年は1003億ウォンと13倍に急増した。ハン・スンヒ国際租税管理官は、「国税庁がスイスの口座情報を確認できるようになったというニュースが伝えられ自主申告が大きく膨らんだ。まだ申告者数は10人以下だが、今後もっと増えるだろう」と話した。韓国政府とスイス政府は租税条約改正で7月末から脱税容疑者の口座情報を交換できることになった。国税庁は脱税容疑者に対する金融口座情報をスイスから受けるための手続きを踏んでいる。

海外口座申告は江南(カンナム)を管轄するソウル三成(サムソン)税務署が29人で多かった。三成税務署の管轄地域となるソウル江南区三成洞、大峙洞(テチドン)、水西洞(スソドン)一帯にスーパーリッチがたくさん住んでいることを示す。昨年1位だったソウル竜山(ヨンサン)税務署は2位に落ちた。申告人数で3位となる25人の盤浦(パンポ)税務署は申告金額では圧倒的な3457億ウォンと圧倒的な1位を記録した。

海外口座申告人員が増えているがまだ国税庁の期待には沿えていない。国税庁は自主申告時に秘密を維持し、税務調査を最小化するとして申告を促している。同時に海外口座があるのに申告をしなかった疑惑がある41人を選んで企画点検に着手した。

昨年も国税庁は申告義務を怠った43人を摘発し過怠金19億ウォンを賦課した。海外不動産投資のためシンガポールの口座に64億ウォンを預けていながら申告しなかった不動産賃貸業者などが国税庁の調査網にかかった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP