주요 기사 바로가기

アップル、サムスンのモデル8種の販売差し止めを申し立て

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.29 08:50
0
アップルが27日に販売差し止めを求めるサムスン電子製品のリストを米カリフォルニア北部地裁に提出した。スマートフォン「ギャラクシーS4G」と通信会社のAT&T、スカイロケット、Tモバイル、エピック4Gが発売した「ギャラクシーS2」をはじめ、「ギャラクシープリベール」「ギャラクシーS」「ドロイドチャージ」の8種類だ。

リスト提出は24日にサムスン電子がアップルの特許を侵害したという陪審員評決が出たのに伴ったもの。評決直後にアップルが販売差し止め仮処分を申し立てる意向を示すと、ルーシー・コー判事は「今後の裁判日程調整に必要だ」としてリストを先に提出することを求めた。

陪審員はサムスン電子の28種類の製品がアップルの特許を侵害したと判定したがアップルはこのうち最新機種8種類だけを選んだ。アップルは早ければ今週中に販売差し止め仮処分を申し立てるという。アップルが予想通り仮処分の申し立てをすれば審理は来月20日に開かれる予定だ。

リストにはサムスンが米国で主力商品として販売している「ギャラクシーS3」と「ギャラクシーノート」は含まれなかった。今回評決が出た訴訟の対象ではなかったためだ。そうした点から業界は販売差し止めが決定されてもサムスン電子の売り上げに大きな打撃は受けないとみている。しかし「ギャラクシーS3」もアップルが攻撃対象としているアンドロイドOSを搭載しているだけに今後アップルが訴訟を起こす可能性は高い。

アップルとは別にサムスン電子は26日に「ギャラクシータブ10.1」に対する米国内販売差し止め仮処分命令の撤回を裁判所に要請した。サムスン電子関係者は「陪審員評決は判事が参考にする結論であり最終判決ではないためギャラクシータブの販売を継続するためにひとまず申請した」と説明した。

これに対しアップル側は「陪審員は、『ギャラクシータブ10.1』はアップルのデザイン特許を侵害していないがアップルのソフトウェア特許3件を侵害したと評決した。『ギャラクシータブ10.1』はずっと販売を禁止されなければならない」と反論した。

韓国有価証券市場で前月に7.5%の9万5000ウォン下がったサムスン電子の株価は今月には1.3%の1万5000ウォン上がり119万5000ウォンになった。また、サムスン電機が2.5%上昇するなど前日サムスン電子とともに下落した系列会社の株価もやはり反騰した。新韓金融投資のハン・ポムホ研究員は、「サムスン電子が大きく下落することはないだろうが、米国での販売禁止が決定されるかなど不確実性が残っており大幅な追加反騰を期待するのは難しい状況だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップル、サムスンのモデル8種の販売差し止めを申し立て

    2012.08.29 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    米国で多く販売されたサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシープリベール」(左)と「ドロイドチャージ」。アップルはこれらを含むサムスン製品8種に対しカリフォルニア北部地裁に販売差し止めを申し立てる予定だ(写真=サムスン電子)。
    TOP