주요 기사 바로가기

女優シン・セギョン、「大きな胸がコンプレックスで縮小手術を…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.24 17:06
0
女優のシン・セギョンが胸の大きさについてコンプレックスがあると明かした。

シン・セギョンは最近、韓国の日刊スポーツとのインタビューで胸の出術について口を開いた。鼻がとても高いので整形したのかと思ったとの記者の言葉に「絶対にしていない」といいながら、「鼻の先が若干丸くなっているのが気に入らない」と話した。続いて「胸も手術していない。もともと大きい。(ボリュームアップするための)ブラパッドは使ったことがない。幼い頃から胸の大きいことがコンプレックスだったくらい。学校に行っていたときも、縄跳びや競走すると男子学生が集まってみるのでとてもストレスだった。母親に「『大きくなったら胸を小さくする手術を受けさせてほしい』と頼んだ」と伝えた。

「スリムな体型は生まれつきか」という質問に「たぶん。特に運動はしないです。ただ、ウォーキングはすごく楽しんでいます」と答えた。

シン・セギョンは、現在上映中の映画『R2B:Return to Base』で整備大隊の最高のエース整備士ユ・セヨン役で魅力を見せて好評を得ている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優シン・セギョン、「大きな胸がコンプレックスで縮小手術を…」

    2012.08.24 17:06
    뉴스 메뉴 보기
    女優のシン・セギョン。
    TOP