주요 기사 바로가기

日帝強制徴用被害者支援委、22万人の証言を公開(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.21 08:43
0
父は強制徴用労働者だった。日帝強制占領期の1942年冬、日本北海道浅茅野飛行場に連れて行かれた。父を心配する息子は毎日のように手紙を送った。しかし翌年、息子も徴用された。九州の炭鉱から大阪の機関車会社へと移りながらきつい労役をした。36歳の父と17歳の息子はお互い安否も分からず、日帝の強制労働に耐えていた。

父も息子も日本では竹田と呼ばれた。父の名前はチョン・ヘピョン(1907-43)、息子はウシクだったが、ハングルの名前を呼ぶことはできなかった。43年の冬、息子は父の死を聞いた。強制労働で体を酷使したからだった。息子は年を越して父の遺体を探しに浅茅野へ行った。父の遺体は雪の中に放置された状態だった。息子は凍りついた遺体にガソリンをかけ、父を火葬した。45年に解放を迎え、息子は祖国に戻った。しかし父は永遠に戻れなかった。息子ウシクさん(86)は「徴用で私の青春も父も失った」と語った。

国務総理直属の対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者等支援委員会(以下、支援委員会)は20日、日帝強制占領期間の強制徴用関連被害を立証する資料およそ39万点をメディアに公開した。この資料はソウル鍾路区(チョンノグ)Sタワー地下6階にある198平方メートル規模の収蔵庫に保管されている。収蔵庫が外部に公開されたのは今回が初めてとなる。収蔵庫には▼強制動員被害申告および審議決定調書23万点▼強制徴用労働者の給料明細書など文書3000点▼口述資料2200点--など、強制徴用関連資料および展示物39万9000点が保管されている。

 
特に、この日、日本朝鮮総督府によって作成された「徴用者名簿」379冊も公開された。この名簿には▼本籍▼姓名▼生年月日▼従事する業務▼徴用期間--など、徴用対象者の個人情報が書かれている。例えば45年末に作成されたと推定される住友鉱業赤平鉱業所の帰鮮者名簿には、徴用対象者1024人の人的事項が詳細に記録されている。


日帝強制徴用被害者支援委、22万人の証言を公開(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日帝強制徴用被害者支援委、22万人の証言を公開(1)

    2012.08.21 08:43
    뉴스 메뉴 보기
    日帝強制徴用被害者のチョン・ウシクさんが1943年、大阪で職業訓練を受けた法事の様子(上)と父親のチョン・ヘピョンさんの死亡診断書(下)。北海道・浅茅野の飛行場に連れて行かれたヘピョンさんは強制労働で体を酷使したせいで1943年に死亡した(写真=チョン・ウシクさん提供)。
    TOP