주요 기사 바로가기

<五輪>韓国サッカー代表「日本は私たちの手中に…」 “知日派”で日本制圧へ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.10 10:19
0
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」。自分を知ること以上に重要なのが相手を正確に知ることだ。‘宿敵’日本との譲れない勝負を控え、韓国オリンピック(五輪)サッカー代表が‘知日派’選手を活用し、積極的な情報収集を行っている。

韓国代表は11日午前3時45分(以下、日本時間)、カーディフのミレニアムスタジアムで日本とロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー3位決定戦を行う。相手が日本であるうえ、メダルがかかっているだけに、絶対に負けられない試合だ。

まず情報戦では韓国が有利だ。韓国チームには日本語が堪能で、日本をよく知る人物が多いからだ。さらにコーチングスタッフの中にも日本人がいる。池田誠剛フィジカルコーチだ。日本Jリーグの横浜マリノスと浦和レッズでコーチを務め、日本Jリーグ技術委員として活動した経歴もある。あからさまに情報収集しているわけではないが、日本チームの状況について幅広く把握している。

洪明甫(ホン・ミョンボ)監督も現役時代にJリーグでプレーし、日本サッカー関係者と幅広く交流関係を続けてきた。皇甫官(ファンボ・グァン)大韓サッカー協会技術教育局長は大分トリニータの副社長を務めた。チャ・ヨンイル・メディア担当官はかつてサッカー韓国代表チームの日本語通訳を担当したほど日本通だ。

選手も同じだ。最終エントリー18人のうち黄錫鎬(ファン・ソクホ、23、サンフレッチェ広島)、白星東(ペク・ソンドン、21、ジュビロ磐田)、鄭又栄(チョン・ウヨン、23、京都サンガ)の3人が現役Jリーガーだ。金甫ギョン(キム・ボギョン、23、カーディフ)と金英権(キム・ヨングォン、23、広州恒大)もJリーグでプレーし、最近移籍した。日本選手の長所・短所を知り尽くしている。

こうした状況のため、日本選手団も緊張している雰囲気だ。9日未明にカーディフ入りした後、ホテルで韓国の関係者と会うと、約束でもしたかのように口を閉じている。日本チーム関係者の一言一言がすぐに韓国選手団への情報提供となることを知っているからだ。

大韓サッカー協会の関係者は「韓国と日本はライバルだが、これまで国際大会に一緒に出場すれば、お互い積極的に便宜を図るほど親密な関係を維持してきた」とし「しかし今は敵として会うため、いつよりもぎこちない関係になっている。相対的に韓国よりも日本側が強く警戒している雰囲気だ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP