주요 기사 바로가기

プロモーションビデオの等級分類、「韓流に冷や水」と反発も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.08 11:05
0
18日からインターネットに流通するプロモーションビデオに対する事前等級分類制度が施行される。音楽業界は「K-POPの世界化に逆行するもの」として反発している。

文化体育観光部は7日、今年2月に改正された「映画およびビデオの振興に関する法律」により18日からインターネットを通じて流通するプロモーションビデオに対する等級分類制度を施行すると明らかにした。企画会社が作ったプロモーションビデオ、ティーザー映像は音楽サイトや動画共有サイト、ポータルなどインターネットのどこに上げるにしてもまず映像物等級委員会の等級審議を先に受けなければならないことだ。

文化体育観光部のパク・ビョンウ映像コンテンツ産業課長はこの日の会見で、「扇情的・暴力的なプロモーションビデオがインターネットを通じ青少年にフィルターを通さずに伝わる問題を改善しようという趣旨」と説明した。

新しい制度によりプロモーションビデオの制作・配給業者はミュージックビデオの開始時点から30秒以上該当等級を表示しなければならない。等級分類を受けない場合は関連法により2年以下の懲役、または2000万ウォン以下の罰金を課されることになる。ただし放送局の審議を通過したプロモーションビデオは映像物等級委員会で別途の等級分類を受けなくても良い。プロモーションビデオの等級分類処理期限は申請後14日だ。

歌謡界は、「音楽制作と流通の現実から目をそむけた処置」として反対している。音源発売日に合わせプロモーションビデオの公開日を決めてきた音楽業界の特性上、等級審議が日程内に完了できなかったり適正等級が得られない場合、発売日程だけでなく活動にも制約を受けることになるという主張だ。

米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリアなど海外ではほとんどの制作者と所属事務所が青少年に影響を及ぼす害の有無を直接判断する。ポータルサイトのダウムに4日開設された「プロモーションビデオ等級分類制度反対請願」には7日午後5時現在7000人以上が署名した。

YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表は、「改正案はK-POPが世界に広がる状況に冷や水を浴びせるもの」と主張した。プロモーションビデオは制作から広報まで1分1秒が重要だが、等級分類に足を引っ張られK-POP拡散に障害になりかねないということだ。文化体育観光部は業界の反発を考慮して18日から11月17日まで3カ月を試験期間として運営することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    プロモーションビデオの等級分類、「韓流に冷や水」と反発も

    2012.08.08 11:05
    뉴스 메뉴 보기
    グループのAFTERSCHOOL(アフタースクール)。
    TOP