주요 기사 바로가기

<五輪>日本サッカー、致命的ミスで決勝進出ならず

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.08 09:11
0
日本が致命的なミスでオリンピック(五輪)決勝進出を逃した。サッカー日本五輪代表は8日(日本時間)、英ロンドン・ウェンブリースタジアムで行われたメキシコとの準決勝で1-3の逆転負けを喫した。

1-1の後半20分、痛恨のミスが出た。「金メダルを取りたい」と話していた日本GK権田修一(FC東京)がペラルタのシュートを防いだところまではよかった。しかし権田が守備型MFの扇原貴宏(セレッソ大阪)に手でパスをしたのが禍根となった。ペラルタは扇原のボールを奪い、強力なミドルシュートでネットを揺らした。日本としては危険エリアでの扇原の無理なドリブルが悔やまれた。

日本は前半17分、大津(ポルシアMG)の先制ゴールで好スタートを切った。しかし前半31分、CKからファビアンにヘディングで同点ゴールを許した。日本は今大会で唯一、1次リーグと準々決勝を無失点で通過したチームだ。5得点しながらも失点はなかった。

今大会で初めて失点した日本は後半序盤、個人技とパスプレーで流れを引き寄せたメキシコに守勢に回った。さらに後半20分、ミスで逆転ゴールを許し、力が抜けた。さらに後半ロスタイムにコルテスに追加点を許し、勝負が決まった。日本は10日、韓国と3位決定戦を行う。

メキシコは1968年メキシコ五輪の3位決定戦で日本に0-2で敗れたが、これを雪辱した。2位以上が確定したメキシコは今大会が五輪歴代最高成績。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP