주요 기사 바로가기

<五輪>日本男子柔道「金なし」の衝撃、目標引き下げへ

ⓒ 中央日報日本語版2012.08.05 12:54
0
柔道の不振に大きな衝撃を受けた日本がロンドン五輪での金メダル獲得目標を当初の半分水準の9個以上に下方調整した。

日本五輪選手団の上村春樹団長は4日、ロンドンで記者会見を行い、今大会の金メダル目標を実質的な水準である9個以上に下方設定したとの考えを明らかにしたと日本のメディアが伝えた。

日本が2008年の北京大会の時に金メダル9個を記録したことを考えると前大会水準にしたことになる。日本は4日現在、女子柔道と男子体操でそれぞれ1個ずつ、2個の金メダルを取っただけだ。

全日本柔道連盟会長である上村団長が柔道の不振を金メダル目標とのずれの主要因に挙げたことになる。

日本は大会前に15~18個の金メダルを獲得して、国別金メダル順位で5位になるという目標を定めていた。

柔道は日本が宗主国で伝統的に強さを見せてきた。しかし日本は今回のロンドン五輪では男子柔道で初めて金メダル獲得に失敗し日本国民に大きな衝撃を与えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP