주요 기사 바로가기

<五輪>北朝鮮が総合1位? その基準は…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.03 16:44
0
フェンシング・射撃・柔道で金メダルがあふれ、韓国の金メダルは2日現在6個だ。 五輪主管放送局である英BBCのホームページに出ている韓国の順位は3位。 しかし米NBC放送のホームページでは6位となっている。

国際オリンピック委員会(IOC)は公式的に国別のメダル順位を発表しない。 五輪は国の競争ではなく個人のスポーツ祭りであるだけに、各国間の過度な競争を防ごうという趣旨だ。 その代わりIOCは1992年バルセロナ五輪から、金メダルの数が多い国の順にメダル集計順位表をホームページに載せている。

しかし各国間では順位のつけ方が依然として異なる。 英国は金メダル数、米国は総メダル数を基準に順位をつける。 韓国、中国、フランスなど多くの国が英国と同じように金メダル数を基準にしている一方、米国やカナダは総メダル数を基準にしている。 今回のロンドン五輪公式ホームページも2つの方式で順位を提供している。

北朝鮮が総合1位となった集計方式もある。 英ガーディアン紙は人口・国内総生産(GDP)・選手団規模を基準に五輪参加国の順位をつける。 獲得したメダル数を各基準で調整する方法だ。 GDPを基準にした場合、重量挙げ・柔道で旋風を起こした北朝鮮が1位だ。 一方、中国と米国はそれぞれ30個、29個のメダルを獲得しているが、順位は25位、49位となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP