주요 기사 바로가기

<五輪>韓国? 北朝鮮? コリアを知らない組織委員会

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.03 10:44
0
コリア(Korea)がロンドンを沸かせている。しかしロンドンオリンピック(五輪)組織委員会はまだコリアをきちんと把握していない。組織委は開幕前から韓国と北朝鮮の国名を取り違えるなどミスを続けている。「再発防止」を約束したが、まだ混乱しているようだ。

2日(日本時間)に英エクセルロンドンサウスアリーナで行われたフェンシング女子サーブル決勝で金メダルを獲得したキム・ジヨン(24、益山市庁)について、場内アナウンサーは韓国(Republic of Korea)ではなく、誤った国名(The People’s Republic of Korea)と紹介した。北朝鮮を意味する国名(Democratic people’s Republic of Korea)と混ざった名称で呼び、混乱を招いた。表彰台では幸い「韓国代表選手」と紹介されたが、競技直後に金メダリストの国名を正しく伝えず、ひんしゅくを買った。

韓国と北朝鮮を混乱して組織委員会がミスを起こしたのは1、2度ではない。開幕前から問題は発生した。先月26日に行われた女子サッカー1次リーグのベネズエラ戦では、北朝鮮は電光掲示板に北朝鮮の国旗ではなく太極旗(テグッキ、韓国の国旗)が表示されたことに激しく抗議した。当時組織委員会はミスを謝罪し、キャメロン英首相までが収拾に乗り出した。

しかしその後、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が率いる韓国サッカー五輪代表が北朝鮮と紹介され、問題になった。1次リーグ第2戦が行われたコベントリースタジアムの周辺には「北朝鮮(Korea DPR)-スイス(Switzerland)が書かれた案内板が設置された。

ロイターは2日(日本時間)、「男子体操個人総合の決勝で場内アナウンサーが長い間、韓国選手のキム・スミョンを呼称しないという欠礼があった」と伝えた。こうした状況は場内アナウンサーが韓国と北朝鮮を混乱して生じた。

AP通信は「すでに北朝鮮の国旗事件もあり、十分に敏感になる状況だった。場内アナウンサーはキム・スミョンが登場した瞬間、ためらって沈黙した。場内にいた観客からは笑い声が出て、拍手も起きた」とし「まもなくキム・スミョンの国籍が韓国という事実を知ると、確信に満ちた声で呼称した」と伝えた。

しかしAP通信は「体操には北朝鮮選手は参加していない。北朝鮮は選手の年齢偽装で国際大会出場が禁止されている状態」とし、場内アナウンサーの言葉は弁解にすぎないという内容も付け加えた。

そのほか、国際オリンピック委員会(IOC)が公式ツイッターに北朝鮮選手団を韓国選手団の名称「チームコリア(Team Korea)」で紹介した。

誤った情報も問題だが、最も基本的な部分といえる国名を誤って表記するのは外交的に非常に大きな欠礼だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP