주요 기사 바로가기

<五輪>大韓体育会長の「シン・アラム、特別賞受けて終えよう」発言に非難の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.02 11:21
0
ロンドンオリンピック(五輪)現場にいる朴容晟(パク・ヨンソン)大韓体育会会長(72)の発言が論議を呼んでいる。

朴会長は1日(日本時間)メインメディアセンターで行われたメディアブリーフィングで、「誤審について正確な理解が必要だ。チョ・ジュンホの試合の判定は誤審ではなく‘誤審訂正’と考えるべき」と述べた。特に韓国選手が納得しがたい判定の犠牲になっている状況で、朴会長が敏感な発言をしたのだ。

朴会長は「フェンシングのシン・アラムと水泳の朴泰桓(パク・テファン)、柔道のチョ・ジュンホはすべて異なるケースだ。朴泰桓の誤審は速やかな抗議と2度の異議申し立ての結果、五輪水泳史上初めて判定が覆った。シン・アラムの件については国際フェンシング連盟(FIE)から判定にミスがあったという話を聞いて謝罪を受けた」と述べた。

ここまでは大きな問題がなかった。しかし1995年から2007年まで国際柔道連盟(IJF)会長を務めた朴会長は「チョ・ジュンホの場合は誤審でなく‘誤審訂正’と見なければならない。柔道の審判のレベルは世界的に差があり、審判委員長の権限で審判の判定の誤りを正せる。私が連盟会長だった当時に作られたルールだ」と説明した。

チョ・ジュンホは準々決勝で日本の海老沼匡に3-0で勝ったという判定を受けたが、その後、審判委員長の介入で0-3の敗戦に覆った。大韓柔道会のムン・ウォンベ審判委員長も「柔道の競技ルールについて国民が理解していない部分がある。有効が10個あっても技あり一つにはかなわない。全体的な競技内容でチョ・ジュンホが上回ったとしても、有効に近い点数を海老沼が獲得した」とし、判定に問題はなかったと主張した。

FIEの決定に対する朴会長の対応もファンの批判を招いた。朴会長は「FIEがシン・アラムのために記念メダルまたはトロフィーを授与するというので、これを受け入れることにした。総責任者として判断だが、FIEがシン・アラムを称えて認めるのを受け入れて終わらせようという結論を出した」と述べた。

しかしシン・アラムは英デイリーメールとのインタビューで「特別賞は五輪のメダルではないので気持ちは収まらないと思う。判定が誤審だったと信じているので競技の結果は受け入れられない」とし、特別賞を拒否する考えを示した。

ファンは大韓体育会のフェイスブックで「対戦相手も敗北を認めたというのに、なぜ大韓体育会長がこんな話をするのか」「シン・アラム選手の気持ちを考えたのか」などと批判するコメントを書き込んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <五輪>大韓体育会長の「シン・アラム、特別賞受けて終えよう」発言に非難の声

    2012.08.02 11:21
    뉴스 메뉴 보기
    朴容晟(パク・ヨンソン)大韓体育会会長。
    TOP