주요 기사 바로가기

<五輪>日本メディアも「柔道の判定覆り、三ばか大将」非難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.30 10:34
0
あきれるような判定で日本選手に勝利を奪われたチョ・ジュンホ(24、韓国馬事会)選手が、敗者復活戦で勝利し、貴重な銅メダルを獲得した。

チョ・ジュンホは29日(現地時間)、男子柔道66キロ級の敗者復活戦、3位決定戦で勝ち、銅メダルを手にした。

チョ・ジュンホは準々決勝でつかみかけた勝利を逃した。日本の強豪、海老沼匡と対戦し、判定の結果、チョ・ジュンホに旗が上がった。しかし日本人観客からブーイングが起きた。その後、審判が集まって話し合った結果、チョ・ジュンホの勝利は取り消され、海老沼が勝者となった。これを中継したSBS(ソウル放送)解説委員は「柔道史にないことだ」と述べた。

海外メディアも釈然としない判定に疑惑を提起した。

AFP通信は、日本観客のブーイングが続く中、マリウス・ ビゼール国際柔道連盟(IJF)会長と話をしたフアン・カルロス・バルコス審判委員長が3人の審判を呼び、判定を翻すよう伝えたとみられる、と報じた。

IJFのメスナー氏もロイターとのインタビューで「柔道審判が出した判定を覆したのは今回が初めて」と認めた。続いて「勝負は接戦だった。私たちは勝つ資格がある選手が勝利するのが正しいとみる…」と言葉尻を濁した。

日本メディアも判定を非難した。共同通信は映画「三ばか大将」をパロディ化したように、審判がしばらく話し合った後、判定を翻したと伝えた。 日刊スポーツは「競技場の騒然としたムードの中、審判団が協議して異例の2度目の旗判定が行われ、双方にとって後味の悪い判定となった」と報じた。

釈然としない判定で敗れたチョ・ジュンホ(24、韓国馬事会)は敗者復活戦で世界ランキング26位のコリン・オツ(英国)に勝ち、3位決定戦に進出して銅メダルを獲得した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP