주요 기사 바로가기

「韓国の経済成長率、1.8%まで落ち込む可能性も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.23 09:22
0
世界経済成長の“エンジン”のBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)が揺れている。BRICsという用語を作ったゴールドマンサックスによればこの10年間にBRICsは世界経済成長の3分の1を寄与した。2008年の金融危機後に世界経済の回復をけん引した動力もBRICsだった。しかしいまは違う。BRICsが最近欧州財政危機と米国の景気回復遅延などの余波で揺らいでいる。

国際金融センターが23日に明らかにしたところによると、世界の主要投資銀行は今年のBRICsの経済成長見通しを引き下げた。中国の成長率は平均8.1%と推定される。先月の見通しより0.1ポイント低くなった。中国は2010年に10.4%の国内総生産(GDP)成長率を記録した後、成長の鈍化が続いている。今年第2四半期には7.6%に終わった。中国の四半期成長率が8%以下に落ちたのは3年ぶりだ。

ブラジルの成長見通しは1カ月間で0.9ポイント下がり2.3%と推定された。「原材料ブラックホール」である中国の景気不振で需要が減り2010年の32%だった輸出増加率は今年上半期にマイナス0.9%まで急落したためだ。インドの成長率は前月より0.6ポイント下落の6.2%、ロシアの成長率は0.1ポイント下落の4.1%と予想した。

欧州と米国など先進国で始まった危機がBRICsまで転移しながら韓国経済にも赤信号が点灯した。韓国の昨年基準の貿易依存度は97%に達する。国際通貨基金(IMF)はこのほど世界経済見通し修正報告書を出し、「韓国のような輸出依存国が不確実性拡大と対外需要悪化で逆風を受けている」と診断した。韓国銀行は最近今年の成長見通しを4月に発表した年3.5%から3%に下げた。

バンクオブアメリカ・メリルリンチは最近、「最悪の場合、今年の韓国経済は1.8%の成長にとどまる」と見通した。韓国の最大輸出相手国の中国経済が予想より大幅な鈍化傾向を見せているからだ。現代経済研究院のチュ・ウォン首席研究委員は、「すでに“チャイナリスク”が表面化している。中国の経済成長率が1ポイント下がれば韓国の輸出増加率は1.7ポイント、成長率は0.4ポイント減少する」と診断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国の経済成長率、1.8%まで落ち込む可能性も」

    2012.07.23 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    世界経済成長の“エンジン”のBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)が揺れている。
    TOP