주요 기사 바로가기

<野球>韓日レジェンドマッチ、韓国が5-0勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.21 11:02
0
「最近でも腹が出ている人がいるのか。ハハハ」。野球界の元老・金応竜(キム・ウンヨン)元サムスン監督(71)がヘッテ時代の弟子の金城漢(キム・ソンハン)元起亜(キア)監督(54)を見ながら言った。20年前まで腹を突き出しながら審判に抗議していた金応竜元監督は、高齢になった最近、かなり体重が落ちている。それで太った後輩をつかまえてこう言ったのだ。20日、ソウル蚕室(チャムシル)球場で開催された韓日プロ野球レジェンドマッチのダグアウトの風景だ。

韓国と日本の野球スターがソウルに集まった。グラウンドを離れ、監督・コーチ、解説委員として活躍しているが、気持ちは相変わらず青春だ。さらにこの日の試合は韓日戦だ。試合前、金寅植(キム・インシク)韓国代表チーム監督(65)は選手を集め、「対戦相手は日本だ。これ以上の言葉は必要ないだろう」と語った。

韓国の先発は宣銅烈(ソン・ドンヨル)起亜監督(49)。99年に日本の中日を引退してから13年が過ぎたが、ストレートの最高球速は128キロを表示した。1イニングに安打と四球を一つずつ許したが、無失点に抑えた。一死一、二塁から4番の清原和博と5番の村上隆行を連続三振に仕留めた。試合前に「腕が上がらない」と話していた宣監督はマウンドに立つと、全力で投げた。

日本の先発はかつて宣銅烈と救援王を争った佐々木主浩(44)だった。試合前は「宣銅烈投手に負けない」と話していたが、苦戦した。1番・李鍾範(イ・ジョンボム、42、元起亜)がセンター前ヒットを放った後、田埈昊(チョン・ジュンホ、43、NCコーチ)のライト前ヒットで三塁まで疾走した。李鍾範は3番・梁埈赫(ヤン・ジュンヒョク、43、元サムスン)の二塁ゴロで生還した。引退から間もない選手を1-3番の打順に配置した金寅植監督の戦略が功を奏した。結局、韓国は‘比較的若い’選手の活躍で5-0で完勝した。

◇日本選手会、WBC不参加決議=来年3月に台湾で開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では韓日戦が見られないかもしれない。日本プロ野球選手会が20日、大阪で開かれた臨時総会で、WBC不参加の方針を全会一致で決議したからだ。

日本メディアによると、選手会は「参加国に当然与えられるべきスポンサー権、代表チーム関連グッズのライセンシング(商品化)権などが認められない現在の参加条件を主催側(WBCinc)が変更しない限りWBCに出場しない」という立場を明らかにした。日本は第1回、第2回大会でともに優勝している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>韓日レジェンドマッチ、韓国が5-0勝利

    2012.07.21 11:02
    뉴스 메뉴 보기
    韓国先発の宣銅烈(ソン・ドンヨル)投手(49、左)と日本先発の佐々木主浩投手(44)
    TOP