주요 기사 바로가기

9000億借金返せず…朝鮮総連、路頭に迷う可能性も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.29 09:20
0
日本、東京にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の建物と土地が差し押さえ危機に直面した。9000億ウォン台の借金のためだが、差し押さえが執行されれば朝鮮総連は路頭に迷う状況に陥った。

日本の最高裁判所(韓国の大法院に相当)は28日、日本の債権整理機関である整理回収機構(RCC)が「朝鮮総連中央本部の建物を差し押さえできるようにしてほしい」と要求した訴訟で、朝鮮総連側の上告を棄却し原告勝訴判決を確定した。今回の判決を根拠にRCCは東京都千代田区にある朝鮮総連の中央本部建物と土地を差し押さえて競売にかけることができるようになった。

これ先立ちRCCは公的資金を投じた朝鮮総連系列の朝銀信用組合16カ所が1997年以後、相次いで破産するとすぐに「不良債権1553億円のうち627億円(約9100億ウォン)を朝鮮総連が借りた」といって訴訟を起こし、勝訴した。RCCはその後、朝鮮総連の中央本部建物と土地を差し押さえられるようにしてほしいと訴訟を起こしたが2010年6月には敗訴した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP