주요 기사 바로가기

「韓国の不動産市場、日本式長期沈滞の可能性は低い」

ⓒ 中央日報日本語版2012.06.27 16:34
0
韓国不動産市場が日本のように長期沈滞につながる可能性は少ないという主張が出てきた。

大韓商工会議所(商議)が26日、商議会館で主催した「不動産市場の現在と未来」セミナーで、チェ・フェガプ亜洲(アジュ)大教授は「1980年に不動産関連会社の主導で形成された日本の不動産バブルは、90年代に入り、政府の不動産規制強化と急激な利上げで崩壊した」とし「日本と違い韓国は不動産投資が家計中心に行われ、長期間維持した金融貸出規制で過度な融資を防いできたため、不動産価格のバブルは大きくないほうだ」と指摘した。

また「住宅取引の正常化のため、住宅価格急落に対する市中の懸念をなくすことが何よりも重要だ」とし「人口の高齢化と1、2人世帯の増加による政策の準備も必要」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP