주요 기사 바로가기

俳優キム・ムヨル、「生計困難対象者」として兵役逃れ…波紋広がる

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.06.21 14:49
0
兵役逃れが疑われている俳優Aがキム・ムヨルであることが明らかになるなか、本人が21日、所属事務所を通じて釈明した。

キム・ムヨル側は「監査院の監査結果報告書は事実」とし「しかし父親がガンの宣告を受け闘病うることになり、病院費など生計に責任を負わなければならなかった。調査を受けなければならないのなら、誠実に臨みたい」と明かした。

監査院が発表した兵役実態監査結果文によると、キム・ムヨルは2001年3月に徴兵検査の結果、現役入隊対象2級の判定を受けた。以後、2007年5月から2009年12月の間に公務員の採用試験を受けたり職業訓練院入所などの理由で入隊を延期し続けていた。その間にドラマやミュージカルなどに出演し、2007年に5296万ウォン(約366万円)、2008年に1億214万ウォン(約706万円)、2009年に1億4607万ウォン(約1010万円)など、合計約3億ウォン(約2082万円)の収益を上げている。

続いてキム・ムヨルは、2009年12月に入営延期日数限度(730日)を使い果たし、これ以上入隊を延期できなくなった。その後、現役入営通知を受け、2010年1月に疾病による兵役処分の変更願いを兵務庁に提出したが拒否された。その後すぐに家庭の生計維持が困難であるとの理由で兵役減免を届け出て、免除に該当する第2国民役(有事時に服務)処分を受けた。

しかし監査院の監査結果、生計困難によって兵役減免処分を受けられる基準よりもキム・ムヨルの所得は多いので第2国民役処分を受けるはずがないにもかかわらず、釈然としない理由で入隊免除処分を受けたことが伝えられた。

所属事務所によると、キム・ムヨルは徴兵検査を受けた翌年の2002年、父親が脳出血で倒れたあと、病院費などの支出により実質的な家長の役割を担ってきた。2008年にはガン宣告も受け、母親が看護に専念するなど家計が苦しくなり、借金が多くなった。

この状況で実質的な家長となって生計活動をし、兄弟のうち弟がまず軍に入隊した。キム・ムヨルと母親は不定期に仕事をして、父親の病院費や生活費などを捻出してきた。

キム・ムヨル側は「まだ兵務庁から何の連絡も受け取っていないが、調査が必要であれば誠実に臨みたい」と話している。

一方、最近、映画「ウンギョ」などで衝撃的な演技を見せていたキム・ムヨルは、次回作「AM11」の撮影の準備中だった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優キム・ムヨル、「生計困難対象者」として兵役逃れ…波紋広がる

    2012.06.21 14:49
    뉴스 메뉴 보기
    俳優のキム・ムヨル。
    TOP