주요 기사 바로가기

「小学生に性的虐待」漫画 韓国最大ポータルに堂々と連載

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.21 14:42
0
ある男子学生が小学生に性的虐待をする。 小学生は「やめて」と反抗するが、かまわず続ける。 この男子学生は性的虐待後、「ついにぼくの夢がかなった…もうぼくは死んでもいい」と叫ぶ。

漫画家志望者や一般人が自分の作品を掲載するネイバー「挑戦漫画」に19日掲載されたウェブ漫画「ノイズ」第16話の場面だ。 こうした内容を載せた作家「キュライム」は「強姦が私の夢」というコメントを自ら書き込んでいる。 特に第15話に載せた「作家の言葉」で、「次の話を描くために私はこれまで待ってきた。 いよいよ児童性的虐待の時間」とコメントした。

高校生と知られる作家はこうした内容のウェブ漫画を非定期的に載せた。 一日に数万人が訪問する自分のブログにも連載している。

「ノイズ事件」は各種ソーシャルネットワークサービス(SNS)で急速に広まった。 ネットユーザーは「こういうものも表現の自由なのか。吐き気がして言葉も出ない」「ネイバーは謝罪文を出さないのか」などと非難している。

NHN側も問題が膨らむと、第15、16、17話を削除した。 作家に警告措置を取り、同じIDでネイバーに漫画を掲載できないようにした。 作家も自分のブログを閉鎖し、自らすべてのウェブ漫画を削除した。

ネイバー「挑戦漫画」コーナーは、漫画家志望者のために開設された一種の「創作の場」であり、ウェブ漫画作家になるための登竜門だ。 小学生から成人まで誰もが掲載・閲覧できる「使用者制作コンテンツ(UCC)」コーナーで、 一週間に少なくとも1000件、多ければ1500件の漫画が登場する。 06年に初めてサービスを実施して以来、着実に人気が高まっている。 このコーナーに掲載される漫画を含む、すべてのコンテンツに対するモニタリングは、NHN子会社が担当している。

NHNの関係者は「挑戦漫画に掲載されるすべての漫画は(事後)全数検査をしている。モニタリングの程度が高いサービスの一つ」と説明した。 また「UCC領域は突発的な状況が起こる可能性がある。サービスの方向を変えるよりも、モニタリングをより細かくする予定」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP