주요 기사 바로가기

<サッカー>ヒディンク氏、もう一度02W杯韓国代表の指揮官に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.06.20 11:07
0
ヒディンク監督(66)の‘アッパーカット’セレモニーを10年ぶりに韓国国内で見られるようになった。

ヒディンク監督は来月5日にソウルワールドカップ(W杯)競技場で開催される2012Kリーグオールスター戦への参加を決め、最近、訪韓日程を確定した。

2002韓日W杯のメンバーで構成された「チーム2002」を指揮し、今季のKリーグオールスター選手からなる「チーム2012」と対戦する予定だ。ヒディンク監督は現在率いているロシア1部リーグのクラブ、アンジ・マハチカラの練習日程まで調整するほど熱意を見せている。

ヒディンク監督は「4強神話を一緒に築いた選手たちと10年ぶりにまた試合をすると思うと、今から楽しみ」とし「サッカーファンが02年の感動を改めて感じられるようにいい試合をしたい」と伝えた。

ヒディンク監督がKリーグオールスター戦への参加を約束するまでには多くの問題があった。プロサッカー連盟は4月初めから本格的な「ヒディンク招聘」プロジェクトに入った。ヒディンク監督と関係を持つ人物を総動員した。ヒディンク財団に正式にオールスター戦招請公文書を送る一方、ヒディンク監督との連絡を維持している朴恒緒(パク・ハンソ)尚州(サンジュ)監督と数カ所のサッカーエージェントを通じて、オールスター戦への参加を依頼した。しかしヒディンク監督から「前向きに検討する」という言葉を聞いただけで、確答は得られなかった。

先月ヒディンク監督が来韓した期間にも説得作業が続いた。安貞桓(アン・ジョンファン)Kリーグ名誉広報チーム長が過去の師を訪問して参加を求めた。鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長も「ヒディンク監督を懐かく思っている韓国のファンが多い」と伝えた。

結局、ヒディンク監督は所属チームの海外練習日程を調整し、時間を確保した。

プロサッカー連盟のある関係者は「最近話題になっているヒディンク監督のオールスター戦広報ティーザー映像は、大会参加が決まった直後に撮影された」とし「時間単位で日程を決めて動くヒディンク監督の忙しい国内日程のため、宿舎のホテルで約10分間ほど撮影した。時間は十分でなかったが、さすがベテラン監督らしく希望する映像を描いてくれた」と満足感を表した。

ヒディンク監督は来月3日に入国し、本格的にオールスター戦日程を消化する。4日には「チーム2002」の公式練習を行い、公式記者会見と記念レセプションに出席する。オールスター戦が行われる5日にもファンサイン会など、さまざまな行事が予定されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>ヒディンク氏、もう一度02W杯韓国代表の指揮官に

    2012.06.20 11:07
    뉴스 메뉴 보기
    ヒディンク監督(66)
    TOP