주요 기사 바로가기

【コラム】韓国は登山家の天国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.19 16:32
0
私が韓国で最も好きなものの一つが山だ。 世界で最も高いわけではないが、あたかも韓国人女性のように、その美しさは比較の対象がない。 このため韓国語の表現のうち最も好きな言葉が「山を越えてまた山」だ。

まずソウルから見てみよう。 私は登山友達と時々、どんな山が最もよいかを論争する。 しかし世界のどこにもソウルほど、よい山が多くて恵まれた大都市はないという意見にたどり着く。 北側の道峰山(ドボンサン)から南側の冠岳山(クァンアクサン)まで。 どの町にも15分以内に登れる山がある。 私は仁王山(インワンサン)の麓に住んでいる。 私のような‘足長’は、家から城郭に沿って頂上までの1.5キロを30分で歩ける。 他の韓国の山のように距離は短いが、傾斜があるため、朝の運動に最高で、展望もよい。 週末にはこのコースに青瓦台(チョンワデ、大統領府)の裏の北岳山(プガクサン)を追加する。

私が最も尊敬する恩師の故李泳禧(イ・ヨンヒ)漢陽大教授は、私が最も好きな北漢山(プッカンサン)を紹介してくれた。 都心から20分で行けるが、10峰もあり、寺も多い。 頂上からソウルを背にして眺めると、限りなく続く山の中にいるような気になる。 登山にあまり関心がない人のためには、遊歩道と健康公園が準備されている。

登山は友情を築くのによい活動だ。 また、まだ健在だという点を確認するにもよい。 先週末、親友2人と一緒に五台山(オデサン)月精寺でテンプルステイをした。 僧侶は親切で、食べ物と施設は素晴らしかった。 そこから私たちは他の寺を回り、飛蘆峰(ビロボン)に登った。

先月の出張中には、韓国で最も美しい島の山2カ所を登る時間を確保できた。 漢拏山(ハルラサン)の頂上から周囲の光景を眺めることは、何とも代え難い経験だ。 もし頂上まで7-10キロを登るのが大変なら、トレッキングコースを歩くのも良いだろう。

鬱陵島(ウルルンド)の聖人峰(ソンインボン)は高さ984メートルで、漢拏山の高さの半分ほどだ。しかし非常に印象的だ。 独島(ドクト、日本名・竹島)まで5時間の旅行をしながら感じた運動不足を解消するのに非常によい。 鬱陵島港から独島博物館側の道に沿って上がった後、谷の反対側に下りて行けばよい。 ここでは有名な鬱陵島牛肉と薬草、家庭で作られた芋マッコリを味わえる。


【コラム】韓国は登山家の天国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP