주요 기사 바로가기

【社説】大韓民国の国歌はアリランではなく愛国歌だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.18 11:58
0
人間は全て国家という共同体の一員として生まれ生きていく。共同体を通じ自我を実現して福利を追求する。人類共同体という言葉もあるが現実的には国家が最終共同体だ。たいてい民族・言語・国境・歴史そして価値を共有する「最大単位」が国家であるためだ。国家は共同体の維持と発展を最高目標とする。共同体改革も維持と発展という枠組みを抜け出すことはできない。共同体自体が崩れれば改革は効果のないものだ。そこでどの共同体でも結束と安保が大変重要だ。

国家は共同体結束と共同体意識を強化するためさまざまな制度を用意する。代表的なものが国旗・国家・国花のような象徴物と国民儀礼のような儀式だ。特に国旗と国歌は構成員が愛用するものなので特別な価値がある。これは、夫婦には結婚指輪で、会社員には身分証や会社のバッジのようなものだ。夫婦関係や会社に不満があっても共同体存続を望む限り指輪とバッジを着用しなければならない。

大韓民国の「指輪」は太極旗・愛国歌・ムクゲなどだ。この「指輪」の中には血と涙の歴史が宿っている。太極旗は1882年に朝鮮高宗(コジョン)の時に初めて模様が作られ、その後に愛国の象徴になった。いまでも太極旗はオリンピックでひるがえり、学校の教室に掲げられ、祖国の山野で発掘される韓国戦争当時の国軍兵士の遺骨を包む。愛国歌のメロディは1936年に安益泰(アン・イクテ)先生が作曲し、1948年の大韓民国政府樹立の時に国歌としてこれを採択した。歌詞は旧韓末の1896年から由来しているが作詞者は知られていない。

4月11日の国会議員総選挙後、韓国社会には愛国歌議論が登場した。急進左派の統合進歩党内の従北指向勢力がこれまで国民儀礼の代わりに民衆儀礼をしてきた事実が明らかになったのだ。彼らは国旗に対する敬礼もせず、愛国歌の代わりに民衆歌謡を歌った。主体思想派に分類される進歩党李石基(イ・ソクキ)議員が最近記者らに「愛国歌は国歌ではない」と話し議論がさらに大きくなっている。彼は「わが国には法に定めた国歌がない」とも話した。

李議員の認識はまず無知なものだ。「愛国歌法」はないが愛国歌は政府樹立以来使われてきたのだ。しかも2010年に制定された国民儀礼規定は正式に現在愛国歌を国歌に定めている。李議員は国民の税金で歳費を受ける公職者だ。共同体の象徴物に誰よりも忠実でなければならない公職者が張三李四にも劣る意識を見せている。彼はこの前には「従北より従米がもっと問題だ」と述べ多くの国民を不安にさせたことがある。

彼は誰でも自分が好きな歌を愛国歌として歌うことができるとし、「アリラン」を取り上げた。しかし愛唱曲と愛国歌は違う。愛唱は家でやればよい。国民儀礼は愛唱曲発表会ではないではないか。愛国歌を国歌と認めないなら国家から受けるすべての恩恵から返納しなければならない。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP