주요 기사 바로가기

<W杯サッカー> レバノン紙、「韓国が試合を支配」称賛

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.06.13 11:21
0
レバノン紙がレバノン代表を破った韓国サッカーを高く評価した。

レバノン英字日刊紙デイリースターレバノンは13日(日本時間)、ブラジルワールドカップ(W杯)最終予選の韓国-レバノン戦を伝え、「華麗ではなかったが、致命的だった」とし、韓国の競技力を称賛した。

同紙は「韓国は昨年11月のレバノン戦で敗れたが、もう仕損じることはなかった」とし「試合を支配し、チャンスも逃さなかった」と伝えた。

一方、レバノンについては悲観的に伝えた。「アジア最高チームを相手に0-3で敗れるのは、ある程度予想された結果だった」とし「韓国戦の敗戦でレバノンのW杯本大会への道は厳しくなった。現実的に残り5試合で3勝してこそW杯本大会進出が可能」と報じた。

韓国は12日、高陽(コヤン)総合運動場で行われたレバノンとのブラジルW杯アジア最終予選第2戦で、金甫ギョン(キム・ボギョン、23、セレッソ大阪)の2ゴールと具滋哲(ク・ジャチョル、23、ヴォルフスブルク)の1ゴールで3-0と快勝し、2連勝となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー> レバノン紙、「韓国が試合を支配」称賛

    2012.06.13 11:21
    뉴스 메뉴 보기
    韓国はレバノンとのブラジルW杯アジア最終予選第2戦で、3-0と快勝し2連勝となった。
    TOP