주요 기사 바로가기

シェールガス開発で韓国企業の米国行きラッシュ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.13 11:16
0
韓国企業がシェールガス開発のため米国に集まっている。ガス開発に直接参加したり開発に使われる部品と装備を供給する方式でシェールガス特需を狙っている。1848年から米カリフォルニア州で金を採掘するために集まったゴールドラッシュを彷彿とさせる。シェールガスは地下2~4キロメートルの堆積岩層に存在する天然ガスで、オバマ米大統領が今年の年頭教書演説で「われわれは100年間使える天然ガスを持っている」と公言するほど埋蔵量が多い。

ポスコはガス開発に投入される高級鋼材市場を狙い先月にテキサス州ヒューストンに事務所を開いた。米国石油協会から認証を受けた高級鋼材と海洋構造用鋼材を新たな収益事業として育成してきたが、シェールガスブームを新たな成長動力としたのだ。シェールガスを開発するためには地下に数キロメートルを掘り下げなければならない特性上、米国の開発企業はガス流出の危険をなくすため多少高くても信頼できる企業のパイプを使う。同社ヒューストン事務所のソ・ドンハン氏は、「低級鋼材に比べ20%ほど高い価格で売れる」と話した。

サムスンエンジニアリングは2007年に3人で始めたヒューストン事務所のスタッフを今年111人に増やした。シェールガス特需を期待し選んだ人員だ。昨年には米ダウケミカルのテキサス化学工場建設プロジェクトを4億ドルで受注した。シェールガスから出る物質を加工する工場だ。北米の変圧器市場でシェア1位の現代(ヒョンデ)重工業はシェールガス発電所建設が活発になるのに備え変圧器供給を増やし、今後はタービンやボイラーなどの製品まで拡大する計画だ。斗山(トゥサン)インフラコアは建設注文が押し寄せ3年前に閉鎖したノースダコタ州の小型建設装備工場まで再稼働し始めた。SK建設とSKE&Sもシェールガスプロジェクト参加を模索している。知識経済部も先月にタスクフォースを構成しシェールガスが韓国の産業に及ぼす影響の検討に入った。

◆シェールガス=泥が積もって作られた堆積岩層のシェール層に存在する天然ガス。1カ所に集まっている油田地帯の天然ガスとは違い非伝統ガスに分類される。シェールガスは岩盤の隙間に広がっており採掘が難しかった。しかし垂直に地面を掘った後に地表面と水平に四方をはがせる水平ボーリング工法が開発され経済性ある採掘が可能になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP