주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>JTBC、最終予選の韓国-カタール戦を生中継

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.08 16:37
0
韓国-カタールのブラジルワールドカップ(W杯)最終予選第1戦を、韓国国内の放送では唯一、JTBCが9日午前0時40分から生中継する。 8大会連続のワールドカップ(W杯)本大会進出を狙う韓国サッカー代表が、JTBCと一緒にその最初のボタンを掛ける。 JTBCオンラインサイト(www.jtbc.co.kr)でも試合を観戦できる。

チェ・ガンヒ監督率いる韓国代表は9日午前1時15分、ドーハでカタールと最終予選第1戦を行う。 最終予選全体の流れを左右する第1戦という点で必ず勝たなければならない試合だ。JTBCは韓国-カタール戦を9日午前0時40分からケーブルテレビ独占生中継する。

この中継放送は、JTBCが昨年12月1日に開局して以来、初めて放送するサッカー韓国代表のAマッチとなる。 JTBCは深夜の試合が終わった後、9日午前9時ごろ試合を再放送する計画だ。 JTBCはこの日の中継のため8日午前、アジア地域W杯予選放送権保有会社のWSGと電撃合意した。

JTBCは12日にソウルで行われるレバノンとの予選第2戦も中継放送する予定だ。

第1戦の相手のカタールは歴代対戦成績やFIFAランキングなど客観的な戦力では韓国より劣るチームだが、油断はできない。 カタールは最近行われたW杯最終予選初戦でレバノンを破り、勢いに乗っている。 レバノン戦で決勝ゴールを決めたセバスティアン・ソリアをはじめ、カタールは主力の大半が第三国から帰化した‘外国人部隊’だ。従来のカタールとは違う戦力であるため、韓国としても緊張を緩められない一戦となる。 40度近い中東の暑さも韓国には不利な変数だ。

韓国代表のチェ・ガンヒ監督は「カタールの予選の試合はすべて見た。 私たちがいくつかの悪条件をどれほど克服できるか、私たちが持つ能力をどれほど発揮するかが重要だ」と述べた。韓国はトップの李東国(イ・ドングク)を中心に、具滋哲(ク・ジャチョル)、奇誠庸(キ・ソンヨン)、金杜炫(キム・ドゥヒョン)らを前面に出して攻撃する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>JTBC、最終予選の韓国-カタール戦を生中継

    2012.06.08 16:37
    뉴스 메뉴 보기
    韓国W杯サッカー代表の選手たち。
    TOP