주요 기사 바로가기

「金正恩に伝染しないように」 北少年団2万人を疾病検査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.07 10:46
0
北朝鮮が3-6日まで平壌(ピョンヤン)で開催された朝鮮少年団創立66周年慶祝行事のため、約2万人の少年団代表児童に身体検査を実施していたことが分かった。金正恩(キム・ジョンウン)労働党第1秘書の出席が予定された「1号行事」という理由で、肝炎や皮膚病など伝染性疾患がある少年団員を確認するためだ。

5日の北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNK」によると、新義州(シンウィジュ)消息筋は「最高司令官(金正恩)同志が少年団員を自ら迎えるという理由で、参加者の審査が徹底的に行われた」と伝えた。血液検査やX線撮影までもあったという。

最高指導者の安全と危機のため、数万人の児童に数回にわたり疾病検査を実施した点をめぐり、金正恩政権に入っても「首領第一主義」は全く変わっていないという指摘が出ている。特に国家的に幼児・児童に対する保健医療を放置している北朝鮮が、金正恩1人のために一斉に数万人に病気の検査をするという二重の態度を見せたという批判も出ている。2010年世界保健機関(WHO)によると、1990年以降、北朝鮮の幼児死亡率は1000人当たり55人で世界最下位水準。

少年団組織指導責任を担う金日成(キム・イルソン)社会主義青年同盟(青年同盟)幹部と少年団の親の間では、代表団選抜過程で数百ドルの賄賂が行き来したという。新義州消息筋は「選抜された少年団10人のうち9人以上が権力と金がある家の子どもで、選抜過程で‘金競争’が繰り広げられた」と伝えた。子どもを平壌の行事に送った親は、党と青年同盟幹部への賄賂と制服、運動服、履き物など必要消耗品を準備するのに少なくとも400-500ドルを支出したと伝えられた。

北朝鮮の今回の少年団行事は、過去に金日成主席が児童に格別の関心を誇示したことを再現し、金正恩に対する住民の世代を継いだ忠誠心を鼓吹するという意図と解釈されている。

朝鮮中央テレビなど北朝鮮官営メディアは6日、金正恩が平壌の金日成競技場で開かれた朝鮮少年団創立66周年慶祝少年団連合団体大会に出席し、演説を行った伝えた。朝鮮中央テレビは「大会場の金日成競技場は朝鮮少年団創立節を意味深く慶祝するために集まった約4万人の少年で埋まった」と報じた。金正恩がひな壇に登場すると、少年団員は金正恩に花束を渡した。

金正恩の肉声演説が公開されたのは、4月15日に平壌(ピョンヤン)金日成広場で開かれた金日成主席誕生100周年記念閲兵式に続いて2度目となる。約10分間の公開演説で、金正恩は少年団創立節を迎えた少年団員を祝いながら、「金日成、金正日朝鮮の新しい世代に明るい未来あれ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP