주요 기사 바로가기

北朝鮮軍、韓国新聞社に報復最後通牒

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.04 16:09
0
北朝鮮人民軍総参謀部は4日、李明博(イ・ミョンバク)大統領と一部メディアに対し、北朝鮮の最高尊厳冒とくと少年団行事に対する非難について謝罪をしなければ報復すると脅迫した。

この日の北朝鮮朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍総参謀部は公開通牒状で、「険悪になっている事態と関連し、わが軍隊の打撃にすべてのものをそのまま任せるのか、それとも遅れてでも謝罪して事態を収拾する道に進むのか」とし「最後の選択がなければならない」と主張した。

総参謀部は「(南側は)5月29日から朝鮮日報、中央日報、東亜日報のチャンネルA放送とKBS、CBS、MBC、SBS放送をはじめとするメディアを動員し、一斉にわれわれの子どもたちの慶祝行事を非難する世論攻勢を繰り広げていて、われわれの最高尊厳をけなす新しい悪行をしている」と主張した。 また「朝鮮日報、中央日報、東亜日報の座標を具体的に公開し、KBS、CBS、MBC、SBS放送局の座標も確定した状態」とも述べた。

総参謀部は「われわれの最高尊厳をけなし、子どもを冒とくする李明博逆賊一味の新しい悪行が伝えられ、わが軍隊の陸海空軍将兵は銃隊で断固決算することを請願してきている」とし「もしわが軍隊の憤怒の爆発に無謀に挑戦するなら、すでに布告した通り、われわれ式の無慈悲な聖戦で応えるようになるだろう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP